つつじの花 진달래꽃 15

サイバー中継: ハングルの詩のある風景

つつじの花  진달래꽃  第15回

詩子アナ:はい、わかりました。

第27問:2連以下、一緒にやってみます。

寧邊薬山(약산)  
진달래꽃
아름 따다 가실 길에 뿌리우리다

寧邊は薬山           寧邊にゃ薬山
つつじ花            つつじ花
摘んでは道に撒きましょう。   摘んで花道作ります

가시는 걸음걸음
놓인 그 꽃을
사뿐이 즈려밟고 가시옵소서

行く歩みごと          一歩行くたび
敷きし花            敷かれた花を
軽く踏みつけ行きなされ     しかと踏み踏み行きなされ

나보기가 역겨워
가실때에는
죽어도아니 눈물흘리우리다

私に会うのが嫌になり     会うもお嫌の
去ってお行きになる時は    別れなら
死んでも涙は流しませぬ    涙なんぞは見せまいぞ

歌樽先生:では、右側の粗訳を中心にもう一度みて、直してみましょう。

詩子アナ:ああ、ややこしや、ややこしや!すこし新しい感覚でやってみます。

逢うもお嫌の
お別れ話
何も言わずに見送るわ

寧邊、薬山
つつじの花を
摘み採りお道に撒きましょう

一歩行くたび
敷かれた花を
しかと踏みしめお行きなさい

逢うもお嫌の
お別れ話
涙なんかは流しませんよ

歌樽先生:掛詞もいくつか入っているようですね。

詩子アナ:はい、いろいろ考えてみました。

歌樽先生:いろいろと考えた跡が見えますが、詩という感じがしないのはなぜでしょうかね。

詩子アナ:そろそろ限界、玄海灘です。もう先が見えません。お腹も空きました。

歌樽先生:スンデのおいしいお店に行きましょう。訳詩はその後にしましょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s