제비 つばめ 09

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第9回

 

詩子アナ:「몸」にあたる漢字ですか。詩に用いられた漢字は「一定」の2文字だけですよ。

歌樽先生:そこのところをしっかり見てみましょう。

詩子アナ:そこのところといわれても、そこがよく分かりませんが。

歌樽先生:金素月は何を習っていましたか。

詩子アナ:それは、いろいろと学んでいたと思いますが。「千字文」を九九を暗唱するように、習ったというのは以前教わりましたが。

歌樽先生:では「千字文」で「一」に当たる文字はどこにありますか。

詩子アナ:「一」ではなくて、「一」に当たる文字ですか。

歌樽先生:昔は「一」は「壹」という字を書いていましたし、「1円札」はこの「壹」でしたよ。

http://matome.naver.jp/odai/2133498493901597301

詩子アナ:お札にね、そうですか。「千字文」を調べてみます。

http://ameblo.jp/n-kujoh/entry-11279861186.html

歌樽先生:そこの部分を書いてみましょう。

詩子アナ:千字文16

<意味>「遐邇壹體、率賓歸王」…かじたいをいつにし、そっぴんおうにきす

遠きも近きも身を一つにして、四海の限り国内の果てまでも、聖王に従う

歌樽先生:何か分かりましたか。

詩子アナ:いえ、なかなかはっきりしません。「広い国土のあちこちから帰属、臣服する人たちが、名君のもとに我も我もと一団となってやってくる。」という説明がありますが。

http://www.seikeikai.net/senji/date_06-28-2009.html

歌樽先生:「壹體」の「壹」は「一」、「體」は「体」ですから、つまり「体」という漢字が「一」と繋がっているんです。

詩子アナ:「一定」の「一」が、「一体」の「体」に繋がるというのは、どういうことですか。

歌樽先生:「一定」と「一体」が一体どうなっているのかを聞きたい訳でしょ。

詩子アナ:ええ、そういうことになるでしょうか。

歌樽先生:ここまでの流れをもう一度たどってみると、一向に分からないということはないと思うのですが。

詩子アナ:「一度」「一向」ですが、まず、「一」ですね。「一」という漢字は覚えるまでもありませんが、「한늘 천」の覚え方だとどうなるのですか。

歌樽先生:いいところに気が付きました。もう大丈夫でしょう。

詩子アナ:えっ?

歌樽先生:「한 일」です。

詩子アナ:「한:一つの일:一」ですか、「한:韓 일:日」と発音が同じですね。

歌樽先生:では「定」は?

詩子アナ:「定:정할 정」。

歌樽先生:では「一定」は?

詩子アナ:「일정」、「日政:일정」とは「日政時代」ですから、日韓併合にことをいっている訳ですか。深いですね。

歌樽先生:「壹體」は?

詩子アナ:「體」はどう覚えるのですか。

歌樽先生:「體:몸 체」です。「遐邇壹體、率賓歸王」も踏まえてのことでしょう。

詩子アナ:なるほど、これで分かりました。「一定」は「日政」、「千字文」によると「壹體」が熟語になっていて、「일체」で「日體」、「體」は「몸」で、これが国構えを示している。

つばめでも帰るところがあるのに、「日韓併合」のため国を失い、帰ることろがないと訴えている歌になっている、といった理解でいいのでしょうか。

そういうことで「一定」だけが漢字で書かれていた訳ですね。何か変だと思うところはありませんかというのは、ここだったんですか。

歌樽先生:では、詩の音の特徴がいくつかあります。ということで、

第13問:この詩の音の特徴を挙げてみましょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s