제비 つばめ 04

紙上中継:ハングルの詩のある風景 제비 つばめ 第4回

 詩子アナ:「な、や、も、け、わ、こ、た、と、ら、こ、う、た、し、こ」だから、ええと、「あ」が「な、や、わ、た、ら、た」で6つ、「い」が「し」で1つ、「う」が1つ、「え」が「け」1つ、「お」が「も、こ、と、こ、こ」で5つだから、、分かりました。

第5問:答は3)あお

歌樽先生:この「あお」がヒントです。

詩子アナ:「つばめ」という語がタイトルには付いていないんですね。

歌樽先生:タイトルに燕のあるものは「燕の歌」だけですね。それから、「ヰリアム・シェイクスピア」さんの「花くらべ」が「燕も来ぬに水仙花、」で始まっていますね。

詩子アナ:ということは、「つばめ」ではないが、意味が大切ということですかね。

歌樽先生:ちなみに、この歌は当時とても有名で、こんなふうに理解されていたようです。

새 새끼마저 제 깃이 그립다거던
하물며 푸른 하늘, 고국땅이여
내가 자라난 마을 파라타이스。

『(増補版)素月詩鑑賞』張萬榮・朴木月(博英社)1957(p77-78)

詩子アナ:じゃあ、これを訳せばわかりますね。大ヒント、いただきました!

「푸른 하늘:青い空」、さっきのヒントの「あお」つまり「青空」があるのを探せば正解が目に見えているようですね。「3行詩、青空」で完璧です。

歌樽先生:では、正解を。

詩子アナ:ええと、少し、お時間を。

第4問:「故国」です。

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00030.html#140

歌樽先生:正解です。

詩子アナ:時間はかかりましたが、正解と聞いて、安心しました。読んでみます。

[ここく]
故国
[ことり         す  こひ]
小鳥でさえも巣は恋し、
[          あをそら    くに]
まして青空、わが国よ、
[                 さと  パライソウ]
うまれの里の波羅葦増雲
(オオバネル)

歌樽先生:「波羅葦増雲」というのは「パラダイス」です。

詩子アナ:さっきの韓国語訳にあった「파라타이스」と同じですね。

歌樽先生:そうですね。

詩子アナ:でも、このオオバネルの「故国」と素月の「つばめ」がどういう関係にあるのですか。

歌樽先生:それをじっくり考えていこうという訳です。

詩子アナ:金素月はこの詩を知っていたのですか。

歌樽先生:知っていたというより、研究したのだと思いますね。そうでないと「제비:つばめ」という詩は出来ていなかったでしょうからね。

詩子アナ:そんなことが分かるんですか。

歌樽先生:3行詩といえども侮れませんよ。

第6問:なぜパラダイスを「波羅葦増雲」と訳したのでしょうか。

詩子アナ:ヒントは?

歌樽先生:ありません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s