つつじの花 진달래꽃 13

サイバー中継: ハングルの詩のある風景

つつじの花  진달래꽃  第13回

詩子アナ:ということは、ということは?

歌樽先生:詩の構造と関連させると?

詩子アナ:ああ、そういうことですか。Aは「가시는」と「발걸음」の間に「길」があるので、「발걸음」とはワンクッション置いてありますが、Bは「가시는」が直接「걸음걸음」に掛かっています。このBの文型であれば、「가시」を「棘(とげ)」と訳しうる条件を作っているように思います。

歌樽先生:なるほど。「가시는 길」では、「お行きになる道」としか理解されないけれど、「가시는 걸음걸음」では「お行きになる一歩一歩」という意味と、「棘は一歩一歩」と言う風に読めるということですか?

詩子アナ:そ、そうです。そういうことを言いたかったんです。

歌樽先生:では、この「棘」はどこにいったのでしょうか。ヒントになるかも知れませんので、

ここで気分をかえて「가시나무새」という歌を聞いてみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=Y3Jyy4GtZQs

詩子アナ:歌っているのは패티김のようですが。

歌樽先生:そうですね。こんな歌詞です。

Screenshot_20180530-235010_1「離別(이별)」「サランへ(사랑해)」などでも有名ですね。

別の歌手のものも聞いてみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=yFalDaFMj_E

詩子アナ:歌唱力がすばらしいですね。アリという歌手ですか。「가시나무(茨の木)(鳥)」というのはどんな鳥ですか。

歌樽先生:下のサイトにでていますから、チェックしてみればわかりますよ。

http://goodwhmakers.tistory.com/242

詩子アナ:はい。オーストラリアの作家のコリーン・マッカラの小説「The Thorn Birds」、1977年の作品に出てくる伝説の鳥で、生まれて一度だけ歌を歌う時に、棘の木を探し、最も鋭い棘を体に刺し、地上で最も美しい声で歌いながら死んでいくという話のようですね。さっきのアリの歌の最後は歌いながら死んでいく鳥の様子だったんですね、ジーンと来ました。

生まれは1937年ということは金素月が亡くなった3年後に生まれた方なんですね。

歌樽先生:すこし、気分転換になりましたか。では、本題に戻りましょう。

第26問:「가시는」「사뿐이」の意味の二重性をヒントに、「見送る人」の本心と「去る人」への心情を説明してみましょう。

詩子アナ:「見送る人」の本心と「去る人」への心情は同じことではないんですか?

つつじの花 진달래꽃 12

サイバー中継: ハングルの詩のある風景

つつじの花 진달래꽃 第12回

詩子アナ:地方によって歌にも特徴があるようですね。「십 리도 못 가서 발병 난다」の「10里」というのはマラソンの距離ぐらいのことを言っているのですか。

歌樽先生:では、これを問題にしましょう。

第24問:「10리(里)」とはどのくらいの距離でしょうか。

1)2km位   2)4km位   3)8km位   4)16km位

詩子アナ:1里はおよそ4キロですが、選択肢の最大値が16kmということですから、日本の里とは単位が違うようですね。

歌樽先生:「십 리도 못 가서 발병 난다」は「10里も行けないうちに足が痛くなる」といった意味ですから、これを参考にしてみてください。

詩子アナ:普通に行ける距離なのに、私を置いて行くので、その距離さえ行かないうちに足が痛くなってしまうといった意味合いなんでしょうか。

歌樽先生:そういった意味ですね。今でも田舎のお年寄りは20里とか30里などという表現をしていますよ。つい最近まで、2-3時間歩くのはなんでもありませんでしたからね。

詩子アナ:はあ、そうですか。大ヒントですね。分かりました。

第24問:2)4km位、です。

時速4キロだとすると、2キロだと往復しても1時間ですし、8キロだと片道で2時間、往復で4時間ですから、これはちょっと大変なので、4キロがぴったりかなと思いました。

歌樽先生:ヒントを言い過ぎましたね。

詩子アナ:ヒントで助かりました。「십 리도 못 가서」は言い換えれば「1時間も歩かないうちに」と言う意味なんですね。

歌樽先生:では、この詩の最大の難関に挑んでみましょう。

詩子アナ:ウワー!最大の難関ですか。

歌樽先生:そうですね。1996年、当時ソウル大学の先生だった金容禝(김용직)教授は「사뿐이 즈려밟고 가시옵소서.」の「사뿐이:軽やかに」と「즈려밟고:力を入れて踏みつける」は表現のバランスが合っていないという指摘をしています。(김용직김소월전집서울대학교출판부 1996 p.167)

また、それよりも10年以上前に、当時誠信女子大学で教鞭をとられていた李姓教教授 は「진달래꽃」と「변칙<아리랑>(新アリラン)」の歌詞を引用し、「表面的には極めて消極的なようであるが、内には鋭い匕首(あいくち)が込められている」という指摘をしています。(『金素月研究』새문社 1983 p. Ⅳ 43)

これをヒントに今回の詩のキーハングルの「사뿐히 즈려 밟고 가시옵소서.:(直訳)軽く踏みしめお行きください」の真意を探してみましょう。

詩子アナ:ようやく今回の詩のキーとなるハングルに到達ですか。この部分は1922年の『開闢』では「고히나 즈려밟고 가시옵소서」となっていたところですよね。

歌樽先生:そうです。そこのところをもう一度見ておきましょう。(第8回参照)

A: 가시는 길 발걸음마다
뿌려노흔  그 꽃을
고히나 즈려밟고 가시옵소서. (1922)

・・・・・・・・・・・・・・・・

B: 가시는 걸음걸음
놓인 그 꽃을
사뿐이 즈려밟고 가시옵소서 (1925)

詩子アナ1922年のAと1925年のBは詩の構造が少し違うようですが。

歌樽先生:いいところに気が付きましたね。これを問題にしてみましょう。

第25問:「가시는」が修飾するものは何でしょうか。

詩子アナ「가시는 길」と「가시는 걸음걸음」ですから、これは分かります。

第25問:Aは가시는」が「길」を修飾しているのに対して、Bは「가시는」が「걸음걸음」を修飾しています。

歌樽先生:ということは?

つつじの花  진달래꽃 11

サイバー中継: ハングルの詩のある風景

つつじの花  진달래꽃  第11回

詩子アナ:「가시리歌詞を書いたものはないんですか。

歌樽先生:昔の表記のものと今の表記に直したものと解釈したものがあります。いろいろと難しいところもあるのですが、まずは第1連を書き直した歌詞を見ておきましょう。

가시리 https://namu.wiki/w/%EA%B0%80%EC%8B%9C%EB%A6%AC
가시리 가시리잇고 나는
버리고 가시리잇고 나는
위 증즐가 大平盛代 (대평성대)

詩子アナ:書き直したものでも難しいですね。

歌樽先生:現代語に直したものもありますから、そちらを見てみましょう。

第23問:「가시리」の現代語訳のものを新しく訳してみましょう。できれば、音韻数をそろえられるといいですね。

詩子アナ:確かに古い歌のようですね。

第23問:現代語訳のものを会話風に粗訳してみます。

가시렵니까? 가시렵니까?       行っちゃうの? 行ちゃうの?
버리고 가시렵니까?            私を捨てて行っちゃうの?

나더러는 어찌 살라하고         どう生きろっておっしゃるの
버리고 가시렵니까?            私を捨てて行っちゃうの?

붙잡아 두고싶지만              私のそばにいてほしいけど
서운하면 아니올까 두렵습니다.   嫌になられたら恐いから

서러운 보내드리니           辛いけれどもお送りするわ
가시자마자 돌아오십시오     着いたらすぐに帰って来てね

歌樽先生気持ちが伝わってきますね。一味も二味もちがいますね。

詩子アナ:古いものも当時は新しかったはずですから、思い切って新しく訳してみました。

歌樽先生:「古いものは新しい」ということですね、なかなかの着想ですね。

詩子アナいえいえ、それほどでも。가시리」と「진달래꽃」は確かに相通ずるものがありますね。

歌樽先生:「아리랑」という歌があるのですが、これを聞いてみましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=gkM_LXUCMeA

詩子アナ:この歌は聞いたことがあります。

歌樽先生:では、詩を書き取ってみましょう。

詩子アナ:「가시리」に比べると分かりやすい詩のようですね。

          아리랑 아리랑 아라리요.    
          아리랑 고개로 넘어간다.    
          나를 버리고 가시는 님은    
          십 리도 못 가서 발병 난다.

歌樽先生:地方に残っている「アリラン」とは違って、古くからある民謡という感じはしませんね。「新アリラン、本調(본조)アリラン、変則(변칙)アリラン」などとも呼ばれています。

詩子アナ:地方の「アリラン」があるんですか。

歌樽先生:「旌善(정선)アリラン」「珍島(진도)アリラン」「密陽(밀양)アリラン」などが特に有名ですね。https://www.youtube.com/watch?v=s0cHt_S4EjU

https://www.youtube.com/watch?v=6TyplwmcbTA

https://www.youtube.com/watch?v=mi4GTpDr_24

つつじの花 진달래꽃 10

サイバー中継: ハングルの詩のある風景

つつじの花 진달래꽃 第10回

詩子アナ:各連の前の4つの音と後ろの4つの音ですね。

第20問:こんな表にしてみました。

    4つ     4つ  
나: 보: 기: 가: 리: 우: 리: 다:
녕: 벼: 네: 약: 리: 우: 리: 다:
가: 시: 는: 거: 시: 옵: 소: 서:
나: 보: 기: 가: 리: 우: 리: 다:
31 31 2 31 31 3 31

歌樽先生:なかなか分かりやすい表ができましたね。

第21問:この表の特徴を挙げてみましょう。

詩子アナ:はい。以前「ハングルの詩のある風景」の「山有花」第7回でやったのを参考にします。

第21問:上の表で前の4つの音と後ろの4つの音を縦に各連で比べると、4つの内、同じものが3つあるもの、つまり五行音のうち2つの種類を使い、3つが同じの2種3同タイプが6つ、全てが同じ五行音の1種4同タイプが1つ、2種類のものが2つずつの2種2同タイプが1つで、いずれも金素月が好んで用いるタイプになっています。

歌樽先生:よく覚えていましたね。実は後ろの部分の4つは同じ連の中でどの連も「2種3同」になっているんです。1連、2連、4連の「-리우리다」はこれで「火水火火」の「2種3同」ですが、3連の「가시옵소서」の「시옵소서」が「金土金金」と「2種3同」になっていますね。

詩子アナ:横に見る訳ですか、ということは縦も横も韻を考えているんですね。驚きました。

歌樽先生:今回はよく驚いていますね。

詩子アナ:驚くというより、驚嘆です。

歌樽先生:驚くほうの驚嘆ですか、敬うほうの敬嘆(きょうたん)ですか?

詩子アナ:敬うほうの「敬嘆」があるとは知りませんでした。こちらにします。

歌樽先生:ああ、そちらに行きますか。「가시는 걸음걸음」の「가시는」は「가시다(お行きになる)+는」ですが、ここでは全く別な語を考えてみましょう。

第22問:「가시」を接頭辞とする次の言葉のうち「가시」の意味が他のものと違うものはどれでしょうか。

1)가시아비   2)가시어미   3)가시집    4)가시나무새

詩子アナ:どれも難しい言葉ですね。辞書で調べてみます。1)は「장인:妻の父」、2)は「장모:妻の母」、3)は「처가:妻の実家」の俗っぽい言い方、4)は「가시나무:棘のある木、:鳥」ですから、これが違うようです。

第22問:答えは、4)가시나무새(茨の鳥)、です。

歌樽先生:正解です。「가시」には「妻または妻の実家」という意味があります。

詩子アナ:こういう言葉をみんな使っているんですか。

歌樽先生:現在はあまり使われていないようですね。知っている人も少ないようですし。

詩子アナ:ということは、「가시」には他に秘密がありそうですね。

歌樽先生:実は「가시리」という高麗時代の歌謡があるんですよ。

詩子アナ:どんな関連があるんですか。

歌樽先生:「가시리」と「진달래꽃」とは深い関連があるといわれていますね。まず、「가시리」のいろんな歌のバージョンを聞いてみましょう。

이명우  
https://www.youtube.com/watch?v=j5b3lKynPF8

양하영  
https://www.youtube.com/watch?v=0gxTIf_Hago

서산시 여성 합창단
https://www.youtube.com/watch?v=4SlTp1j0rts

평택시여성합창단
https://www.youtube.com/watch?v=QZGLl7QtLs4