つつじの花 진달래꽃 05

サイバー中継: ハングルの詩のある風景 

金素月「つつじの花」第5回

歌樽先生:「ソン」にもいろんな「ソン」がありますね。

詩子アナ:これがヒントらしいですね。では第7問から順にいきます。

第7問:答えは、4)ほととぎす、です。

第8問:答えは、4)11月と12月が逆、です。

第9問:答えは、4)小野道風の履物、です。

歌樽先生:全て正解です。

詩子アナ:ヤッター!!

歌樽先生:どんな道から答えに近づきましたか。

詩子アナ:まず第7問ですが、「ほととぎす」の漢字を調べたところ、「杜鵑、不如帰、時鳥、杜宇、子規、郭公、蜀魂、沓手鳥、霍公鳥」などいろいろでした。

「そんなにあるのか」というほどあって、驚きました。また、「杜鵑花(とけんか)」というのが「つつじ」のことのようですから、これはもう間違いないということで、「ほととぎす」に辿り着きました。

歌樽先生:「そんなにあるのか」ということですか、なるほど。

詩子アナ:第8問ですが、11月と12月は「柳」と「桐」ですが、どちらも「そんなはずがない」季節に割り当てられているので、これは逆になっても大丈夫ではないかと思いました。

歌樽先生:「そんなはずがない」ということですか、なるほど。

詩子アナ:第9問ですが、「ソン:손」、つまり「手」かと思いきや、「ソンではなく」、「足」ではないかと、そうすると、履物になります。

歌樽先生:推理の根拠は正しくなくても、答えに近づけるというのは不思議ですね。

金素月は「ほととぎす」という詩を書いていますので、機会があれば読んでみましょう。継母に苛められて亡くなった姉のお墓からはつつじが咲き、姉はホトトギスになって残された9人の弟たちのことを思って啼くという伝説があります。

詩子アナ:そういう伝説があったのですか。それで「杜鵑(ほととぎす=とけん)」が「花」となって、「杜鵑(ほととぎす)の花」、つまり「杜鵑花(つつじ=サツキツツジ)」となるわけなんですね、なるほど、深いですねー。

歌樽先生:問8は日本の花札では「ピンからキリまで」の「キリ」最後なので、12月を「桐(きり)」にしたという話があります。韓国では「柳」のほうが「桐」よりも早いので、順序を代えたという説がありますね。

詩子アナ:「ピンからキリまで」ですか、昔の人は考えましたね。では、1月が「ピン」ですか?

歌樽先生:そうですね、「섣다:ソッタ」という花札2枚合わせのゲームでは9月と1月の組み合わせを「구삥:クッピン」と呼んでいますが、日本の「おいちょかぶ」からきているようですね。

詩子アナ:履物は日本と韓国ではどう違うのですか。

歌樽先生:左の3つの日本の花札では小野道風が高下駄を履いていますが、右の韓国のものはゴムシンと呼ばれる「ゴム靴」を履いています。       

http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/12/post-1702.html

http://happynomad.egloos.com/561435

詩子アナ:韓国のものは「光」の字が書かれていたり、同じようでもいろいろと違うんですね。

歌樽先生:実は花札としてはもっと根本的に違うところがあるんですが、これは実際に花札をやってみないと分かりません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s