つつじの花 진달래꽃 04

サイバー中継: ハングルの詩のある風景 

金素月「つつじの花」第4回

詩子アナ:ソウルが新潟あたりと聞いていますから、寧邊はソウルより北ですよね。

歌樽先生:つつじの花は「かおりも」いいですね。

詩子アナ:つつじの蜜を子供の頃吸いました。匂いはよく分かりませんが。これ、ヒントですか?

歌樽先生:ヒントですよ。

詩子アナ:「かおり」がヒントですか。

歌樽先生:「かおり」ではなく「かおりも」がヒントです。

詩子アナ:「かおりも」ですか。なーるほど、強烈なヒントですね、やっと調子が出てきました。逆から読めばいいのであーる。「かおりも→もりおか」なので、

第6問:答えは、2)盛岡市 です。

素月は詩の中で寧邊以外の地名が出てくるのですか。

歌樽先生:『つつじの花』という詩集では、10ほどの詩に地名が使われていますね。仁川、平壌、定州、ソウル、南原などが出てきます。

ここでタイトルの「つつじ」関連のことについて少し考えてみましょう。

第7問:「つつじ」と最も関連の深い鳥は何でしょうか。

1)ふくろう   2)つばめ 3)おしどり   4)ほととぎす

詩子アナ:「松に鶴」「梅に鶯」のように考えればいいのでしょうか?

歌樽先生:それは花札ですね。花札には「ふくろう」と「おしどり」は出てきませんが、「つばめ」と「ほととぎす」は出てきますね。

詩子アナ:ネタバレですね。このあいだ京都で小野道風ゆかりの柳というのを見つけました。

歌樽先生:東寺の入り口を入ってすぐ左にある池ですね。浄瑠璃や歌舞伎で演じられた『小野道風青龍硯』「蛙飛の場」を指しているようですね。ではここで問題を出しましょう。

第8問:日本の花札と韓国の花札では花の月が違うものがあります。それは次のどれでしょう。

1)2月と3月が逆   2)4月と5月が逆 3)8月と9月が逆   4)11月と12月が逆

詩子アナ:まだ第7問が終わっていないんですが。

歌樽先生:では、出しついでにもう一問、続けましょう。

第9問:日本の花札と韓国の花札では絵柄が違うものがあります。それは次のどれでしょう。

1)鶴のくちばしの向き   2)鶯の向き 3)雁の数   4)小野道風の履物

詩子アナ:「つつじ」とはあまり関係のない問題のようですが・・・・

歌樽先生:直接関係のないようなものも知っていて、損はありませんよ。

詩子アナ:損はありませんか。確かにそういわれると反論はしにくいですね・・・・

답글 남기기

아래 항목을 채우거나 오른쪽 아이콘 중 하나를 클릭하여 로그 인 하세요:

WordPress.com 로고

WordPress.com의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Google+ photo

Google+의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Twitter 사진

Twitter의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Facebook 사진

Facebook의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

w

%s에 연결하는 중