つつじの花 진달래꽃 03

サイバー中継: ハングルの詩のある風景 

金素月「つつじの花」第3回

歌樽先生:「馬の鼻向け」というのは、旅に立つ人の安全を祈り、乗っていく馬の鼻を進む方向に向けることを言うのですが、道中の安全祈願を込めて宴会や餞別をしたり、詩歌も送ったようで、これが「餞(はなむけ)」とか「餞別」という言葉として残っているんですね。

詩子アナ:では、「말없이」というのは、別れに当たって「言葉なく」つまり「ぐだぐだ言わず、静かに、そっと」という意味の他に「餞別なしに」といった意味を掛けている訳ですか?

歌樽先生:そうではないでしょうが、「馬の鼻向け」という言葉を知っていれば、「말없이」の「」から「別れ」を連想することはできるかもしれませんね。

では、第2連の部分を確認しておきましょう。

詩子アナ:はい。第2連をみてみます。粗訳をつけてみます。

寧邊(녕변)에 薬山(약산)       寧邊に薬山
진달래꽃     つつじ花
아름따다 가실 길에 뿌리우리다    いっぱいお道に撒きましょう

歌樽先生寧邊(녕변)の近くに薬山台というつつじの名所があります。

第5問:日本で古くから歌に詠われた名所は何といわれるでしょうか。

1)枕詞   2)序詞   3)歌枕   4)掛詞

詩子アナ:百人一首で山とか川とかがあったようですが、分かりました。1)、2)、4)は習った覚えがありますので・・・

第5問:答えは3)歌枕、です。

薬山は歌で詠まれていたのですか。

歌樽先生:「寧邊歌」という歌がありますね。

http://music.bugs.co.kr/newPlayer?trackId=185715&autoplay=true

노자 에 노자 노자 아하 아하 젊어서 노잔다  
遊ぼや、さ、遊ぼや、遊ぼや、そやそや、若いうっちや遊ぼや)
나이 많아 병이나 들며는 못 노리로다
(老いて病気にでもなりゃ遊べん遊べん)
영변에 약산에 동대로다 아하 아하 아하 아하・・・
(寧邊にゃ薬山東台があるやん、そやそやそやそや・・・)

詩子アナ:東台というのが薬山にあるようですね。

歌樽先生:下の地図の縦書きの「山(약산)」の右に、「東臺」と右から書いてあるのが薬山の東台です。ここがつつじの花の名勝地とされています。   

http://panzercho.egloos.com/v/10077275

第6問:この寧邊の薬山東台は北緯でいうと日本のどの市に近いでしょうか。

1)札幌市   2)盛岡市   3)水戸市   4)金沢市

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s