초혼 招魂 16

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 招魂 第16回

詩子アナ:なかなか関連図を描くのは難しいのですが、書き直してみました。

④사슴의 무리(鹿の群)  ― ⑤슬피(悲しく) 운다(啼く)

①붉은 해(赤い太陽)  ⇒ ②서산 마루 (西の山の背) ― 걸리었다(かかった)
⇓ ③ (西の山の影)
⑥떨어져 나가 앉은 산 (離れ出て座った山 )⑦위에서(~の上で) =

나는(私)=(⑧屋根の上の西山の影の上)は
⑨그대의(あなたの) 이름을(名前を) 부르노라(呼ぶのだ)

歌樽先生:今度は分かりやすい図になっていますね。

詩子アナ:ヤッター!!分かりやすいとのお言葉、感謝なのであーる!

歌樽先生:どうやら調子が出てきたようですね。では、「素月マジック」を説明してみましょう。

詩子アナ:まず①の「赤い太陽」が②の「西の山」にかかると、③西の山の影が東側に延びて来ます。

こうしているうちに山の方から④鹿の群れが⑤悲しく啼くのが聞こえてきます。③の西の山の頂の影は山からどんどん離れていきます。そして、屋根の上に山影が到達すると、⑥の「離れ出て座った山」として再び登場し、⑦その上で、つまり⑧の屋根の上の西山の影を踏んで、⑨の「あなたの名を呼ぶ」ことになります。

歌樽先生:流れは掴んだようですね。では、

34問:「素月マジック」の真髄はどこにありますか?

詩子アナ:真髄といえるかどうか分かりませんが・・・

34問:西の山にかかった太陽と山の背と自分の立っている屋根とを光と影で一直線で結んだところです。横からみると山の影と自分の影が相似形になっています。「悲しみよ!天に届け」といわんばかりの迫力で迫ってきます。ここがポイントなので、「떨어져 나가 앉은 산 위에서(離れ出て座った山の上で)」が今回の詩のキーハングルになっているのだと思います。

歌樽先生:なるほど。相似形という発想はどこからでてきたのですか?

詩子アナ:以前、素月の成績表を見たおりに確か数学の成績が良かったことを思い出しました。

歌樽先生:「山有花13回」のところでしたね。国語講読が100点、漢文講読98点、歴史90点、地理90点、幾何90点、三角98点、物理95点、化学98点、体操91点です。数学は得意ですか。

詩子アナ:得意と言うほどではありません。

歌樽先生:なかなかの実力者と見ましたが。

詩子アナ:いえいえ、そう褒められるほどできたわけではありません。

歌樽先生:素月くらいできたことにして、この部分を粗訳してみましょう。

詩子アナ:「떨어져 나가 앉은 산」が難しいですが、やってみます。

붉은 해는 서산 마루에 걸리었다. 夕陽は西の山の背にかかり
사슴의 무리도 슬피 운다.        鹿の群れも悲しく啼く。
떨어져 나가 앉은 산 위에서      西から延びた山影に立ち
나는 그대의 이름을 부르노라.    我は君の名を呼ぶのだ。

歌樽先生:やや、説明的ですね。ほかの訳も考えてみましたか。

詩子アナ:こちらも創作したところがあるのですが、、、

夕日はすでに山の端に
鹿の悲しき声しきり
山影を踏み空仰ぎ
我君の名を叫ぶのみ

歌樽先生:では、鹿についてもう少し見ておきましょう。

35問:「鹿」についての短歌か俳句かなにか思い当たるものがありますか?

Published by

gooleeoh

since 1950

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s