초혼 招魂 12

紙上中継[LIVE]  ハングルの詩のある風景: 招魂 第12回

詩子アナ:「ヤー・シンカー」ですか、変化球は得意ではありません。

歌樽先生:これは失礼しました。では、1連目をつなげてみましょう。

詩子アナ:はい、つなげてみます。

산산이 부서진 이름이여! 粉々に砕けた名前よ
허공중에 헤어진 이름이여! 虚空にバラバラになった名前よ
불러도 주인 없는 이름이여! 呼んでも主人なき名前よ
부르다가 내가 죽을 이름이여! 死ぬまで私が呼ぶ名前よ

歌樽先生:では、訳に少し手をいれてみてください。

詩子アナ:どんな感じでやればいいんでしょうか。

歌樽先生:2連、3連以降もありますから、気楽に訳してみましょう。

詩子アナ:まずは思うままにやってみます。

離れ離れの姓と名よ!
虚空に散けた姓と名よ!
呼べど主のいない名よ!
果てるまで我叫ぶ名よ!

歌樽先生:姓と名が二つに分離した感じを受けますね。ほかのものも考えてみましたか。

詩子アナ:こんな感じですが。

ちぢに砕けしナ・マ・エ!
虚空に散りしナ・マ・エ!
呼べど応えぬナ・マ・エ!
果てるまで呼ぶナ・マ・エ!

歌樽先生:これはなかなかの変化球のようですね。なにか応援団の掛け声のような気もしますが。色々試みたということで、第2連に移りましょう。

詩子アナ:はい、ストレートに読んでみます。

심중에 남아 있는 말 한 마디는
끝끝내 마저 하지 못하였구나.
사랑하던 그 사람이여!
사랑하던 그 사람이여!

歌樽先生:第2連の1行目の粗訳を考えてみましょう。

第25問:「심중에 남아 있는 말 한 마디는」の訳としてよいものはどれでしょうか。
1)心に残る一言は 2)心に残った一言は
3)心に秘める一言は 4)心に秘めた一言は

詩子アナ:あの、「심중」というのは「心の中」のことですか?

歌樽先生:「心の中」というより、「心の奥」といったほうが近いでしょうね。

詩子アナ:続きをみてみないと訳が決まりませんが。

歌樽先生:なるほど、それはそうですね。では続きを見てみましょう。

詩子アナ:はい。「끝끝내 마저 하지 못하였구나.」ですから、「しまいまで残らず言うことは出来なかったよ」という内容です。

第25問:正解は、4)心に秘めた一言は、です。

歌樽先生:そうですね、「心に残る一言」とか「心に残った一言」というのは人から言われたり、教わったり、感銘を受けたりした言葉の場合ですから、ここで言っている内容とは違いますね。では、続きをみてみましょう。

詩子アナ:「사랑하던 그 사람이여!」が繰り返されています。

歌樽先生:これはどんな意味ですか。

詩子アナ:「愛していたその人よ!」ですか?

歌樽先生:直訳するとそうなりますが、「その人」とか「あの人」は詩の日本語の訳語としては疑問が残りますね。では関連した問題を出しましょう。

第26問:この「그 사람」と最も関連のある言葉は次の内どれでしょうか。
1)이름 2)허공 3)심중 4)말

詩子アナ:「사랑:愛」は選択肢にないのですか。

歌樽先生: 皐復(고복)儀式であることを思い出しましょう。

詩子アナ:ああ、なるほど。そういうことですか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s