초혼 招魂 06

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 초혼 招魂 第6回

 歌樽先生:この一連の名前を見て、何か気が付きませんか。

詩子アナ:何か特徴があるのですか。

歌樽先生:そうですね。特徴がありますね。

詩子アナ:では、もう一度名前を書いてみます。

17世・・ 金基河(김기하)

18世・・ 金相疇(김상주)

19世・・ 金性燾(김성도)

20世・・ 金珽湜(김정식)

21世・・ 金俊鎬(김준호)

歌樽先生:行列字だけを書き抜くと分かりやすいですよ。

詩子アナ:河(하)→相(상)→燾(도)→珽(정)→鎬(호)ですね。

歌樽先生:恋愛は「もっ・か、ドッ・キン・スイスイスイ」って覚えたのは何でしたっけ?

詩子アナ:恋愛ですか。恋愛の専門家ではないのですが。どちらかというと失恋の専門家なのですが。

歌樽先生:「オンマヤ ヌナヤ」のところでやりましたが。確かそのときは、

「覚えるのは早いんです。覚えるのに時間を使わないというのが信条です」と言っていたと記憶していますが。

詩子アナ:覚えるのは早いのですが、忘れるのも早い場合もあるんです。ヒントは?

歌樽先生:ヒントですか。春の七草でしょうかね。

詩子アナ:あっ!「ゴギョウ」、五行です。五行の順番です。

歌樽先生:思い出したようですね。

詩子アナ:「もっ・か、ドッ・キン・スイスイスイ」なので「木・火・土・金・水」の順ですね。

歌樽先生:漢字の部首や字画の一部に「木・火・土・金・水」が取り入れられています。

詩子アナ:なるほど。河には三水偏、これは部首では水と同じです。相には木偏、鎬には金偏がありますね。

歌樽先生:では「燾(도)」と「珽(정)」にはどこに何があるのでしょうか。

詩子アナ:順番から言えば、「燾(도)」は木偏の次なので火偏、「珽(정)」は火偏の次なので土偏が来るわけですが、火偏も土偏もよく分かりませんね。

歌樽先生:ではまず「燾(도)」の構成要素を見てみましょう。

14問:「燾()」のどこに「火」の要素があるでしょうか。

1)一番上の「士」  
2)真ん中の「エ」
3)下の「寸」
4)一番下の「灬」

詩子アナ:どこにも「火」らしきものは見つかりませんが。

歌樽先生:漢字の辞典を調べれば分かりますよ。

詩子アナ:では、しばらくのお時間をいただいて、、、ええと、「火」の部首の下に「灬」がありますが、これですか。「水」の下にも「氵」がありますね。ということは、、、

14問:4)一番下の「灬」ですね。

歌樽先生:正解です。下の点の4つのものは火偏と同じです。実は「心」や立心偏(忄)も五行の感じとしては火偏と同じ扱いです。

15問:「珽()」のどこに「土」の要素があるでしょうか。

1)一番左の「玉」  2)真ん中の「廴」  3)右の「壬」   4)なし

詩子アナ:「玉」にも「壬」にも良く見ると字画の中に「土」が入っていますね。

歌樽先生:よく気が付きましたね。

詩子アナ:気が付いたのですが、どっちでしょうかね。両方なんですかね。

歌樽先生:自分で決めましょう。

詩子アナ:廷だけでも「土」があるのに、「玉」をつけているということは・・・

15問:1)一番左の「玉」、です。

歌樽先生:そうですね。王偏の「玉」の中に「土」が含まれていますから、こういう場合は五行でいえば「土」に属するものと考える訳です。バリエーションがいろいろありますから、面白いですよ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s