초혼 招魂 03

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 초혼 招魂 第3回

 詩子アナ:名前を呼ぶ場所が決まっているんですか?川辺だと川に近くない場合もあるでしょうし、山の場合も山に登るのは大変だし、屋根の上も危ないし、一番やりやすいのは4)の玄関先でしょうかね。

歌樽先生:やり易い所でやる訳ではありませんよ。もう一度、詩の初めの部分を見てみましょう。そこにヒントがありますから。

詩子アナ:はい。

산산이 부서진 이름이여!
허공중에 헤어진 이름이여!
불러도 주인 없는 이름이여!
부르다가 내가 죽을 이름이여!

歌樽先生:「허공중에 헤어진 이름이여!」を直訳してみましょう。

詩子アナ:「허공중」が「虚空中」で「헤어지다」が「別れる、散る、ばらばらになる」ですから、「虚空の中に散った名よ!」が直訳です。名前をどこで呼べば「虚空」と近いかという問題のようですね。これで「2)山の上」か「3)屋根の上」の2つに絞られた感がありますが。

歌樽先生:下のサイトを見ればわかりますよ。

http://dacheon.net/mounrning2.htm

http://www.poori.net/ethics/trd342.htm

詩子アナ:はい、分かりました。

6問:正解は3)屋根の上、です。

詩子アナ:屋根の上の人が何か持っていますね。

歌樽先生:亡くなったひとの服を手に持って、名前を呼んでいるのです。

詩子アナ:「고복(皐復)儀式」は大変なんですね。

歌樽先生:まだ、終わっていませんよ。

7問:名前を呼んだあとに、ある言葉を3度言うのですが、それは次のうちどれでしょうか。

1)   2)   3)   4)

詩子アナ:「고복(皐復)」の「고(皐)」は「呼ぶ、告げる」という意味があるようですので、分かりました。

7問:正解は3)、です。

歌樽先生:今回は正攻法できましたね。正解です。

8問:この「」とはどんな意味で言っているのでしょうか。

1)苦しさから解放する   2)来世であると告げる

3)新しい使命を与える   4)死者の魂を呼び戻す

詩子アナ:えっ!そうなんですか、「고복(皐復)」の「고」も「복」もどちらも「招魂」という意味なんですか。

歌樽先生:なにか、言いましたか?

詩子アナ:いえ、あの、独り言です。

8問:正解は、4)死者の魂を呼び戻す、です。

詩子アナ:つまり、「招魂」と「皐復」とは同じことなんですね、なるほど。

歌樽先生:これで、名前が「ばらばら」になることが分かりましたか。

詩子アナ:いいえ、まだよく分かりませんが。

歌樽先生:では、名前の構造について考えてみましょう。

詩子アナ:知っている名前がありますが、、、

歌樽先生:恋人が出来ましたか?

詩子アナ:いえいえ、あの、金素月です。

歌樽先生:金素月の本名は김정식(金廷湜)です。初めは「정(珽)」だったという説もあります。

詩子アナ:この名前にも構造といえるものがあるのですか。

歌樽先生:もちろんです。金素月の「金」という姓ですが、いろんな「金」氏があるんです。

9問:金素月はつぎのどの金氏でしょうか。

1)慶州金氏   
2)公州金氏  
3)光山金氏  
4)金海金氏

詩子アナ:金の前には地名が付いていますが、これは何ですか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中