초혼 招魂02

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 초혼 招魂 2回

歌樽先生:いつもながら驚きですね。消去法の勝利という言葉がぴったりですね。

詩子アナ:ヤッター!!

歌樽先生:詩の中の「이름이여!」というところが記憶に残ったようですね。

詩子アナ:今回は出だしから完璧!!

歌樽先生:では、さらなる完璧さを目指しましょう。

「산산이 부서진 이름이여!」は直訳するとどうなりますか?

詩子アナ:「산산이」は「ばらばらに、散り散りに、粉々に」といった意味で、「부서진」は「壊れる、砕ける」という意味ですから、直訳は「粉々に砕けた名前よ!」、こんな感じです。

歌樽先生:なぜ名前が「砕ける」のですか。これを問題にしましょう。

3問:名前が砕ける理由は何に起因していますか。

1)名前がなくなったため    
2)死者の名前の呼び方のため

3)死を象徴的に示すため    
4)死者の魂が壊れているため

詩子アナ:3)の「死者であることを象徴的に示すため」ではないようですね。

歌樽先生:どうしてですか。

詩子アナ:直感的に3)だと思いましたから、これはたぶん違うんだとチョッカンしました。

歌樽先生:チョッカンと言えば「知的直観」という哲学用語もありますからね。

詩子アナ:私のチョッカンも学問的なんですね。オ・ホ・ホ・ホ。

歌樽先生:私は、いつも凄いと感心していますから。

詩子アナ:ホ・メ・ラ・レ・ター!!

歌樽先生:な・る・ほ・ど。

詩子アナ:な・る・ほ・ど、ですか。どうやらこれがヒントのようですね。ということは、やはり3)ではなく、4)の死者の魂が壊れていることはなく、名前もなくなっていないので、、

3問:答は2)死者の名前の呼び方のため、です。

歌樽先生:いつもながら、するどいですね。

4問:どのように名前を呼ぶのでしょうか。

1)抑揚をつけて強くはっきりと呼ぶ    
2)ゆっくり長く引っ張って呼ぶ

3)ため息をつきながら弱弱しく呼ぶ     
4)はきはきとリズムよく呼ぶ

詩子アナ:亡くなっているわけですから、4)の「はきはきとリズムよく呼ぶ」というのはないと思います。3)の「ため息をつきながら弱弱しく呼ぶ」は似合わない気がします。

歌樽先生:何に似合わないのですか?

詩子アナ:何にと言われても困るのですが、強いていえば「이름이여!」と叫んでいる感じはため息をついているようには思えません。

歌樽先生:な・る・ほ・ど、鋭いところをついていますね。

詩子アナ:あー、そ・う・い・う・こ・とでしたか。

4問:正解は2)ゆっくり長く引っ張って呼ぶ、です。

詩子アナ:つまり死者を哀悼する意味で長く引っ張って呼ぶ訳ですね?

歌樽先生:いいえ、哀悼する訳ではなく、「招魂」つまり魂を呼び戻すために呼ぶのです。

5問:どちらの方向を向いて名前を呼ぶのでしょうか。

1)東   2)西   3)南   4)北

詩子アナ:これは霊の行く方向と考えていいんですね?

歌樽先生:霊の行く方向が見えますか?

詩子アナ:見えませんが、北枕という言葉もありますし、、

5問:正解は4)北、です。

歌樽先生:頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)から来ているんでしょうかね。

詩子アナ:お釈迦様ですか。よく分かりませんが。

歌樽先生:いえ、大丈夫ですよ。霊といえば北ですから、正解です。祖先を祀る祭祀の場合も北側に「紙榜(지방:チバン)」、つまり位牌のようなものですが、これを置きますからね。紙榜の書き方を説明したサイトもありますね。

http://nestbiz.tistory.com/411

6問:名前をどこで呼ぶのでしょうか。

1)川辺   2)山の上   3)屋根の上   4)玄関先

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s