초혼 招魂01

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景 : 招魂 第1回

ナレーター:詩には風景があります。それぞれの詩にどんな風景があるのか想像してみると、その詩の姿がはっきりと浮かび上がってまいります。今回のハングルの詩はどんな風景のどんな詩なのでしょうか。

独断と偏見でお馴染みの歌樽先生が詩のある風景の現場にすでに到着なさっているようです。では、現地の詩子アナウンサーを呼んでみましょう。詩子アナ、現地の模様はいかがでしょうか。

http://blog.daum.net/jc21th/17782503

詩子アナ:はい、こちら詩子です。現地にきております。彫刻も多く、詩碑も多いですね。早速、歌樽先生に伺ってみましょう。今回の詩のキーとなるハングルはずばり何でしょうか。

歌樽先生:ずばーり、、、難しいですね。

詩子アナ:その難しいところを何とか「ずばーり」お願いします。

歌樽先生:「떨어져 나가 앉은 산 위에서」でしょうかね。

詩子アナ:ずばーり、「떨어져 나가 앉은 산 위에서」、いただきました!
さて、今回の詩のキーハングル「떨어져 나가 앉은 산 위에서」の入った詩とはどんな詩でしょうか。まずいろいろな人の詩の朗読を聴いてみましょう。

詩子アナ:「金素月」の詩「招魂」ですね。男性の朗読も聴いてみたいのですが。
歌樽先生:はい、では男性の朗読を聴いてみましょう。

詩子アナ:歌はないのですか。

歌樽先生:歌もありますよ。

詩子アナ:では、歌を聴いてみましょう。

歌樽先生:では、詩のタイトルと初めの4行から見ていきましょう。

詩子アナ:はい、「招魂(초혼)」です。
산산이 부서진 이름이여!
허공중에 헤어진 이름이여!
불러도 주인 없는 이름이여!
부르다가 내가 죽을 이름이여!

歌樽先生:この「招魂(초혼)」の詩では死者にかかわるある行為が描かれています。第1問:それは次の内どれでしょうか。
1)장례식(葬禮式)
2)발인제(發靷祭)
3)삼우제(三虞祭)
4)고복의식(皐復儀式)

詩子アナ:第1問からずいぶんハードな内容になっていますね。

歌樽先生:詩の内容がハードですから、今回は手ごわいですよ。

詩子アナ:手ごわいものは大歓迎です。まず、辞書で調べてみます。

1)の장례식(葬禮式)はお葬式ですから、これは違います。
2)の발인제(發靷祭)は出棺することですから、これも違います。
3)の삼우제(三虞祭)はお葬式の後の3回目の祭祀なので、1)~3)は違います。

第1問:正解は4)고복의식(皐復儀式)です。

歌樽先生:では、この「고복의식(皐復儀式)」というのは何ですか。

詩子アナ:それは「招魂(초혼)」と関連した儀式でしょうが、具体的には分かりません。

歌樽先生:分からないのに「正解」では喜べませんね。

詩子アナ:消去法の勝利!と言いたいのですが、冷たい雰囲気ですね。あの、そういう教育で育っていますから、なかなか抜け出せなくて。実にけしからんと怒りたいところでしょうが、そこを何とか・・・・

歌樽先生:そう言われると怒りにくいですね。「고복(皐復)」についてまず考えてみましょう。

第2問:「고복(皐復)儀式」ではするのは次のうちどれでしょうか。
1)死者の前で号泣する
2)死者の姓と名を呼ぶ
3)死者の胸を3度叩く
4)死者の業績を唱える

詩子アナ:儀式らしいのは 3)ですが、胸を叩くことは一番しないように思えます。1)は儀式でやるものではないようですし、4)は業績紹介のようですから、、

第2問:正解は2)死者の姓と名を呼ぶ、です。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s