제비 つばめ 15

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第15回(終)

 

詩子アナ:先生、分かりましたよ。今回は一本!とスッキリ決めさせていただきます。

歌樽先生:元気がでてきましたね。

詩子アナ:やらせていただきましょう。

20問:「波羅葦増雲」には、口が「羅」に6つ、「葦」に3つ、「増」に6つ、外枠を入れればもっとたくさんあるのですが、ともかく、口に目がいくようになった訳文になっています。

歌樽先生:なるほど。「増」は「增」ですから、いまの字体とは違いますよ。

詩子アナ:そのくらいの違いはなんでもないです。これでどうだ!という切り札がありますから。

日韓併合の前の朝鮮の国号は「大韓帝国」で、「韓」に字に口が5つあるだけでなく、「葦」の文字に「韓」の字の右側がそっくりそのまま入っています。口の数が問題なのではなく、「葦」だけを見てすでに国を思う気持ちが雲が一気に増える如く燃え上がってきた!とこんな感じではないでしょうか?

歌樽先生:オオバネルの訳のタイトルが「故國」ですから、なるほどーですね。

詩子アナ:そうですよねー。それだけではなく、「波羅葦増雲」を「パライソウ」と読むと…

歌樽先生:その前に、「故國」の詩の中の語をもう一度見ておいたほうがいいんじゃないですかね。

詩子アナ:はー、はい。言おうと思っていました。「小鳥」「巢」「靑」「里」にも口がありますね。口が国ということであれば、もう「波羅葦増雲」だけでなく、確かに全部が国、国といっているようですね。これが、「몸」「몸」に繋がっている!

歌樽先生:なるほど。

詩子アナ:驚かないのですか?

歌樽先生:いえいえ、驚いていますよ。

詩子アナ:では、もっと驚かせなくては。

歌樽先生:ええ、どんどん驚かせてくださって構いませんよ。

詩子アナ:「ツバメ」の詩の「하늘로 날아다니는(空を飛び交う)」には「하늘 나라:天国」の「パラダイス」と自分の国の「날아→나라」の意味を込めている!

歌樽先生:なるほど。「天国」の話は以前、「波羅葦増雲」のパラダイスを受けて「하늘로 날아다니는」につながっているとることは指摘しましたね。

詩子アナ:来ました!来ました!先生、ここからなんです。

歌樽先生:ほほう。それで…

詩子アナ:「パラダイス」の「パラ」も「波羅葦増雲」の「パラ」も「바라」つまり「바라다:望む、願う」に通じているんです。

歌樽先生:で、何を願っているのですか?

詩子アナ:それはもちろん「葦」、つまり国ということ、「故国」なんです。

歌樽先生:独断と偏見の私を超えてきましたね。

詩子アナ:ヤッター! 詩子、ついに先生を超える!!

歌樽先生:ここまでですか?

詩子アナ:先生を超えるのですから、ここで終わるわけにはいきません。

歌樽先生:では、どのへんで終わりますか。

詩子アナ:川辺ですから、「엄마야 누나야(母さん、姉さん)」を歌って終わりにしましょうかね。

歌樽先生:これはいいところに気が付きましたね。

詩子アナ:えっ!先生、気づいていたんですか。

歌樽先生:まあ、そんなところですかね。

詩子アナ:「엄마야 누나야」の「갈잎의 노래(葦の葉の歌)」でなければならないのは、「故国」の歌だったからです。、「ツバメ」と「母さん、姉さん」は一連の国を思う歌シリーズなんです。

歌樽先生:なるほど、どこでこんな風に考えるようになったのですか?

詩子アナ:私が「波羅葦増雲」ではなく「波羅韋増雲」(p243)となっていますといったところ、するどいところを突いてきましたねと先生がおっしゃったんです。

歌樽先生:そんなことがありましたか。

詩子アナ:ありましたよ。短い詩ですが、いろいろな思いが込められている詩なんですね。川辺からの中継をこれで終わりたいと思います。ツバメが飛んで来ましたね。

歌樽先生:では、そのあたりで「スンデ」でも食べてかえりましょう。

詩子アナ:先生、今回は「あし」がでてもいいですよね?

제비 つばめ 14

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ  第14回

 

歌樽先生:これはやさしい問題ですから、迷うことはないでしょう。

詩子アナ:はい、これはすぐに分かりました。

18問:答は、4)新羅・百済・高句麗です。

歌樽先生:では、関連質問です。『三国史記』ではこの三国の歴史が書かれていますが、どのような順序で三国が書かれているでしょうか。

19問: 1)新羅・百済・高句麗  2)新羅・高句麗・百済

3)高句麗・百済・新羅  4)高句麗・新羅・百済

詩子アナ:新羅が先か高句麗が先かという問題のようですね。

19問: 2)新羅・高句麗・百済です。

歌樽先生:正解です。

詩子アナ:久々の大ヒットが続いています。

歌樽先生:では、「葦」とかかわりのある国はどこでしょうか。

詩子アナ:「葦」とかかわりがある国ですか。ちょっと調べさせてください。『日本書紀』と『古事記』に「葦原中国(あしはらのなかつくに)」の記事があります。

http://www.seisaku.bz/search3/searchn.php?word=%E8%91%A6%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD&mode=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

http://www.seisaku.bz/search4/searchk.php?word=%E8%91%A6%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD&mode=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

あしはらのなかつくに葦原中 https://kotobank.jp/word/%E8%91%A6%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD-25324

とよあしはらのなかつくに【豊葦原中

https://kotobank.jp/word/%E8%B1%8A%E8%91%A6%E5%8E%9F%E4%B8%AD%E5%9B%BD-343548

でも、これでは『三国史記』とはかかわりがわかりませんが。

歌樽先生:国とのかかわりがあるということで、次に行きましょう。

詩子アナ:次はどこに行けばいいのでしょうか。

歌樽先生:『三国史記』にもどりましょう。

詩子アナ:『三国史記』で「葦」ですか。

歌樽先生:「葦」ではありませんが、「蘆(あし)」の記述がありますね。

詩子アナ:探しました。「高句麗本紀」の巻17に「乃以蘆葉揷冠」とありますが。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/dassai/sangokushiki/koukuri/170515gen.htm

歌樽先生:はい。ゆっくり読んでみてください。蘆の葉を冠に挿しこむことが国づくりと関わっているところがポイントです。

詩子アナ:つまり、蘆(あし)が国という認識があったということなんですか。

歌樽先生:あったでしょうね。『三国史記』に目を通していなくても、蘆といえば「葦原中国(あしはらのなかつくに)」ですから、「葦」や「蘆」が出てくると、国を連想することは容易なことではなかったでしょうかね。

詩子アナ:でも、「蘆」や「葦」が国だとしてそれがどうしてそんなに重要なんですか。

歌樽先生:根本的な質問に入って来ましたね。どうやらこれで本筋に戻れるようです。

詩子アナ:ははー。来るべき時がきたようですね。私の力の発揮場所を教えてください。

歌樽先生:分かりました。お教えしましょう。「葦」と「蘆」の漢字の中で、口をそれぞれ数えてみましょう。

詩子アナ:え?!また、口ですか。

歌樽先生:とやかく言わずに、捜してみましょう。

詩子アナ:「蘆」は「田」があるので4つ、その下の「皿」の字は3つで合計7つです。あのー、外の大きいのは数えていません。「葦」は上から3つです。

歌樽先生:では「波羅葦増雲」は?

詩子アナ:なるほど、そういう仕掛けだったんですか。「蘆」や「葦」と見せかけて、「波羅葦増雲」に戻るという訳でしたか。

歌樽先生:やっと、気がついたようですね。

20問:「波羅葦増雲」の役割を説明しなさい。

詩子アナ:言葉の意味ではなくてですね?