제비 つばめ 12

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第12回

 

歌樽先生:接着剤というのはなかなか着想がすばらしいですよ。

詩子アナ:えっ!どうして、、「落ち着いて」なので、、

16問:「어찌」、これ隅にありますし。

歌樽先生:正解です。

詩子アナ:ヤッター!!久しぶりに、大ヤッターとなりました。

歌樽先生:なぜ「어찌」か説明してみてください。

詩子アナ:次から次の質問で、おちおちできませんね。

歌樽先生:やっと、余裕ができたようですね。

詩子アナ:余裕とまではいきませんが。いろいろ見てみましたから。

http://blog.naver.com/thoughguy83/220273255260

「어찌」が「いずくんぞ」で「いずくんぞ」といえば、「燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」、つまり「小人には英雄の気持ちは分からない」とかいった意味で、この言葉を言った「陳勝」が反乱の指導者となり、蓁の国の滅亡のきっかけをつくったから。これは『広辞苑』にも出ていました。

歌樽先生:なるほど、ほぼ完璧です。

詩子アナ:「ほぼ完璧」は完璧に限りなく近いということで、理解しましょう。

歌樽先生:今回はその理解でいいでしょう。

詩子アナ:大ヤッターですね、大大ヤッターといってもいいくらい!!ところで、「いずくんぞ」というのはどんな意味ですか。

歌樽先生:「安んぞ」とも「焉んぞ」とも書きますが、「どうして・・・であろうか」といった形で使われます。後ろに疑問や反語が来る用法です。「いずくにぞ」の音便形です。

詩子アナ:ここにも「国」がありますね、「いずくにぞ」ですから。

歌樽先生:なるほど、そこは考えていませんでした。

詩子アナ:大ヤッターを超えています。この「つばめ」は詩全体が「故国」となっていますね。この内容で「故国」とか「祖国」というタイトルなら、確かに捕まっているでしょうね。

歌樽先生:そこまで分かれば、完璧としましょう。この詩をオオバネルの「故国」と似ている点を指摘しながら、「(金素月が)真似たとは思いたくない」(『(増補版)素月詩鑑賞』張萬榮・朴木月(博英社)1957(p78)という意見もありますが、これは「本歌取り」の真髄を全く理解していないとしかいいようがありません。フランス語にオマージュ(hommage:敬意。特に、芸術作品などで作家が別の作家の模倣することで表する敬意を示す。)という語があります。http://ejje.weblio.jp/content/hommage

中国の古典の翻訳がよくて、西欧の詩の翻訳や日本の詩の翻訳が非難される理由はどこにもありません。

詩子アナ:先生、力が入り過ぎているようですよ。ともかく、こうした技法は何かあたたかく、有り難い気がしますね。

歌樽先生:上田敏の『海潮音』の役割は大きいですね。

詩子アナ:オオバネルの「故国」の「波羅葦増雲」つまり「パラダイス」を「하눌로 나라다니는」(空を飛び交う)」と詠ませて「하늘 나라:天国」で受けて詩を始めているところも驚きでしたが、「몸」と「国」、さらには「いずくんぞ」の「燕雀」のところは感激です。

歌樽先生:だんだん何をいっているのか分からなくなってきたようですが、そろそろ詩子さんのやることが迫ってきていますが。

詩子アナ:えっ!これらを踏まえて訳詩をするのですか?!

歌樽先生:いろいろと分かったことが多いようですし、感激もしたようですから、忘れないうちになんとかまとめておいたほうがいいでしょうね。

詩子アナ:まとめるとか、そんな単純な問題ではないように思うのですが。

歌樽先生:そういうことが分かってきたということはずいぶん進歩してきたということでしょう。私はちっとも心配はしていませんよ。

詩子アナ:詩子いずくんぞ歌樽先生の志を知らんや。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s