제비 つばめ 13

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第13回

 

歌樽先生:訳詩をしてほしいとは言っていないんです。

詩子アナ:ああ、やはり「燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」ですね。そういえば、「忘れないうちになんとかまとめておいたほうがいい」とおっしゃっていて、訳詩をしなさいとはおっしゃっていないんですね。

歌樽先生:「つばめ」が「故国」の本歌取りであれば、これをもう一度訳すというのはあまり意味がありませんね。

詩子アナ:では、なにをまとめればいいんですか。

歌樽先生:それが分かればもう終わったようなものですが。

詩子アナ:もう一度、初めから見てみます。

歌樽先生:それがいいですね。上田敏が訳したもとの詩を探してみましょう。

詩子アナ:探しました。William Sharpさんが英語に訳詩したものを使ったようですね。

http://www.kohnokai.com/member/isoda_koh/isoda_koh_402.html

Every little bird loves its nest.
Our blue sky, our little country, are Paradise for us.
[   Théodore Aubanel]

小鳥でさへもし、
まして空、わがよ、
うまれの里の波羅葦雲。(パライソウ
テオドルオオバネル
[上田海潮音」より]

http://leonocusto.blog66.fc2.com/blog-entry-1507.html?sp

Every little bird loves its nest [transl. by William Sharp]

歌樽先生:パライソウの部分は英訳では Paradiseとなっていますね。

詩子アナ:オオバネルの「故国」の本文では「波羅葦増雲」(p241)となっていますが、

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00030.html#140

その解説では「波羅葦増雲」ではなく「波羅韋増雲」(p243)となっています。

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00030.html#141

歌樽先生:なるほど、するどいところを突いてきましたね。

詩子アナ:ここが、するどいということは、ここから何か始まるということでしょうか。

歌樽先生:自由に考えてもらって結構ですよ。

詩子アナ:でも、もうほとんど出尽くしていて、これから何かを新たにしようというのは至難の業のように思えますが。

歌樽先生:指南をするほうも、至難の業ですね。

詩子アナ:それはまた何かあるということのようですね。

歌樽先生:あるともないとも言えませんが、もしかしたらということで、昔のものを少し調べてみましょうか。

詩子アナ:どれくらい昔ですか。

歌樽先生:遥か昔です。じゃあ、久しぶりに4択の問題を出しましょう。

17問: 編年体で書かれた古代朝鮮の歴史書は次の内どれでしょうか。

1)輿地圖書  2)三國史記  3)三國遺事  4)高麗圖經

詩子アナ:難しい字がありますね。こういうときには取って置きの技があります。

歌樽先生:では、その技を使ってもらいましょう。

詩子アナ:かしこまりました。

17問:答は2)三國史記です。

歌樽先生:さすがはすごい技ですね。正解です。

詩子アナ:画数が一番少ないのを選びました。

歌樽先生:それでは、単なる当てものですね。では、もう一つ。

18問: 三国史記で書かれている三国とは次の内どれでしょうか。

1)新羅・百済・渤海  2)新羅・百済・伽倻
3)新羅・百済・金海  4)新羅・百済・高句麗

詩子アナ:新羅と百済の2つは決定で、あとの一つは何かという問題のようですね。

제비 つばめ 12

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第12回

 

歌樽先生:接着剤というのはなかなか着想がすばらしいですよ。

詩子アナ:えっ!どうして、、「落ち着いて」なので、、

16問:「어찌」、これ隅にありますし。

歌樽先生:正解です。

詩子アナ:ヤッター!!久しぶりに、大ヤッターとなりました。

歌樽先生:なぜ「어찌」か説明してみてください。

詩子アナ:次から次の質問で、おちおちできませんね。

歌樽先生:やっと、余裕ができたようですね。

詩子アナ:余裕とまではいきませんが。いろいろ見てみましたから。

http://blog.naver.com/thoughguy83/220273255260

「어찌」が「いずくんぞ」で「いずくんぞ」といえば、「燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや」、つまり「小人には英雄の気持ちは分からない」とかいった意味で、この言葉を言った「陳勝」が反乱の指導者となり、蓁の国の滅亡のきっかけをつくったから。これは『広辞苑』にも出ていました。

歌樽先生:なるほど、ほぼ完璧です。

詩子アナ:「ほぼ完璧」は完璧に限りなく近いということで、理解しましょう。

歌樽先生:今回はその理解でいいでしょう。

詩子アナ:大ヤッターですね、大大ヤッターといってもいいくらい!!ところで、「いずくんぞ」というのはどんな意味ですか。

歌樽先生:「安んぞ」とも「焉んぞ」とも書きますが、「どうして・・・であろうか」といった形で使われます。後ろに疑問や反語が来る用法です。「いずくにぞ」の音便形です。

詩子アナ:ここにも「国」がありますね、「いずくにぞ」ですから。

歌樽先生:なるほど、そこは考えていませんでした。

詩子アナ:大ヤッターを超えています。この「つばめ」は詩全体が「故国」となっていますね。この内容で「故国」とか「祖国」というタイトルなら、確かに捕まっているでしょうね。

歌樽先生:そこまで分かれば、完璧としましょう。この詩をオオバネルの「故国」と似ている点を指摘しながら、「(金素月が)真似たとは思いたくない」(『(増補版)素月詩鑑賞』張萬榮・朴木月(博英社)1957(p78)という意見もありますが、これは「本歌取り」の真髄を全く理解していないとしかいいようがありません。フランス語にオマージュ(hommage:敬意。特に、芸術作品などで作家が別の作家の模倣することで表する敬意を示す。)という語があります。http://ejje.weblio.jp/content/hommage

中国の古典の翻訳がよくて、西欧の詩の翻訳や日本の詩の翻訳が非難される理由はどこにもありません。

詩子アナ:先生、力が入り過ぎているようですよ。ともかく、こうした技法は何かあたたかく、有り難い気がしますね。

歌樽先生:上田敏の『海潮音』の役割は大きいですね。

詩子アナ:オオバネルの「故国」の「波羅葦増雲」つまり「パラダイス」を「하눌로 나라다니는」(空を飛び交う)」と詠ませて「하늘 나라:天国」で受けて詩を始めているところも驚きでしたが、「몸」と「国」、さらには「いずくんぞ」の「燕雀」のところは感激です。

歌樽先生:だんだん何をいっているのか分からなくなってきたようですが、そろそろ詩子さんのやることが迫ってきていますが。

詩子アナ:えっ!これらを踏まえて訳詩をするのですか?!

歌樽先生:いろいろと分かったことが多いようですし、感激もしたようですから、忘れないうちになんとかまとめておいたほうがいいでしょうね。

詩子アナ:まとめるとか、そんな単純な問題ではないように思うのですが。

歌樽先生:そういうことが分かってきたということはずいぶん進歩してきたということでしょう。私はちっとも心配はしていませんよ。

詩子アナ:詩子いずくんぞ歌樽先生の志を知らんや。

제비 つばめ 11

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第11回

 

歌樽先生:今回出てきたのがヒントですが。

詩子アナ:なかったのに出てきたのですね。

歌樽先生:そうですね。

詩子アナ:ということは、原本に秘密があるんですね。

歌樽先生:さすがもう仙人の領域に入りましたね。

詩子アナ:「날아」が「나라」、つまり「国」ですから、「하눌로 나라」が空の国、すなわち天国で、オオバネルの「波羅葦増雲」をそのまま受けて、この「つばめ」を作った、、

kanewakas11

第14問:「하눌로 나라」が天国、パラダイスを示しています。

歌樽先生:素晴らしい!もう一つ考えてみましょう。

第15問:つばめと関連のある語をもう一つ探しなさい。

詩子アナ:もう、どこまでも探しますが、こんなに入り組んで、いろんな仕掛けがあるのなら、誰かがもうすでに指摘をしているんではないのですか。

歌樽先生:詩子さんが初めてだと思いますよ。

詩子アナ:私が始めてなんて、そんな、恥ずかしいです。ホホホ。

歌樽先生:恥ずかしいよりも嬉しいようですね。

詩子アナ:「제비의 몸」の「제비」を漢字でかくと「燕」ですが、これは確か、昔の中国の国の名前にありましたね。

歌樽先生:ありましたね。

詩子アナ:あまり興味がないようですね。

歌樽先生:「つばめ」といえば、、、

詩子アナ:「つばめ返し」「燕尾服」、関係ありませんね、これは。ここでヒントが一つあれば、ありがたいですね。

歌樽先生:「つばめ」の仲良しは?

詩子アナ:すずめ、、ですか。

歌樽先生:大正解!

詩子アナ:えっ!「すずめ」が大正解ですか。

歌樽先生:「すずめ」と「つばめ」、つまり、「つばめ」と「すずめ」です。

詩子アナ:この詩の中に、「すずめ」がいるのですか?私には「つばめ」しか見えませんか。

歌樽先生:どうして、「つばめ」しか見えないのですか。

詩子アナ:では、「すずめ」を捜してみましょう。「燕(つばめ)」に「雀(すずめ)」を足して、「燕雀」を入れて、調べてみましょう。

歌樽先生:何か出てきましたか。

詩子アナ:でてきました。完璧です。完全解決。「完決」です。

第15問:燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや
http://kanbun.info/koji/enjaku.html

歌樽先生:完璧とはいえませんが、半分は完璧ですね。

詩子アナ:えっ?完璧ではなく「半璧」ですか。

歌樽先生:すずめが詩には出てきませんから、燕と雀を結びつける言葉が必要ですね。

第16問: 燕と雀を結びつける言葉を捜しなさい。

詩子アナ:そんな接着剤のような言葉があるんですか。

歌樽先生:気持ちを落ち着けて、隅々までしっかりみてみましょう。

詩子アナ:「落ち着いて、隅々しっかり」ですか。

歌樽先生:はい、もう少しですね。

詩子アナ:何回目の「もう少し」か分かりませんが、、、

the Last Empress

This song was sung at the last scene of the musical “the Last Empress”. The words of the song is as follows. It’s so moving and wanted to share it with you.

일어나라 일어나라
이천만 신민 대대로 이어 살아가야할 땅
한바 나아가면 빛나는 자주와 독립
한발 물러서면 예속과 팝박
용기와 지혜로 힘모아
망국의 수치 목숨걸고 맞서야 하리
동녘 붉은해 동녁 붉은 해
스스로 지켜야 하리
조선이여 무궁하라 흥왕하여라
동녘 붉은해 동녘 불은해
스스로 지커야 하리
조선이여 무궁하라 흥왕하여라
동녘 붉은해 동녘 붉은해
스스로 지켜야 하리
조선이여 무궁하라 흥왕하여라

image

[출처] 뮤지컬 명성황후 노래 백성이여 일어나라 | 닷컴지기

제비 つばめ 10

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第10回

 

詩子アナ:まず、詩をもう一度書いてみます。

 하늘로 날아다니는 제비의 몸으로도
一定(일정) 깃을 두고 돌아오거든 !
어찌 섧지 않으랴, 집도 없는 몸이야 !

ハングルを見ていると、「몸」と「몸」が国、国、国、国と叫んでいるようですね。そういえば、私も国という文字を略して「口」と書いたことが子供の頃ありましたよ。こういう略した書き方は昔はなかったのですか。

歌樽先生:もともと「口」は「圍(かこむ)」と「國(くに)」の字の「古字」でしたから、国の意味で使われていたようですね。

詩子アナ:先生、音のことじゃないんですけど、私、すごいことを発見しました。

歌樽先生:それは大変だ。切符を切らなくては。

詩子アナ:切符ですか、違いますよ。ハングルに丸がたくさんあります。

歌樽先生:では、数えてみてください。

詩子アナ:1行目4つ、2行目6つ、3行目7つで17個もありますよ。

歌樽先生:原本はそうなっていないでしょう。こちらで数えてごらんなさい。

kanewakas10

 

詩子アナ:「하늘」が「하눌」となってますよ。

歌樽先生:表記法がずいぶん違っていますから、いろいろと発見がありますね。

詩子アナ:1行目は3つ、2行目も3つ、3行目は5つで、合計11箇所。6つも少なくなりました。

歌樽先生:しかし、なかなか鋭い指摘ですよ。

詩子アナ:「하」「일」「어」のどれもが同じ「土」のグループの音です。これは春でも夏でも秋でも冬でもない、つまり四季がない、国がないんだから、それどころではないのであーる。

歌樽先生:これはまた、好調の「であーる」節がでましたね。

14問:オオバネルが祖国を思う気持ちを上田敏が天国を「波羅葦増雲」と訳したわけですが、この「天国」は「つばめ」では、どこにいったでしょうか。

詩子アナ:えっ!天国はなかったんじゃないんですか。以前、出てきた気がしますが。

歌樽先生:以前はなかったのですが、今回は出てきたのです。

詩子アナ:なかったのに出てきたんですか?!