제비 つばめ 07

[紙上中継] ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第7回

 

詩子アナ:まず、2つの詩を並べてみます。

歌樽先生:「깃」というのは「鳥の巣」のことです。

①故国    オオバネル
小鳥でさえも巣は恋し、
まして青空、わが国よ、
うまれの里の波羅葦増雲 

제비(つばめ)
하늘로 날아다니는 제비의 몸으로도
空を飛びまわるつばめの体でも
一定 깃을 두고 돌아오거든 !
一定の巣を置き帰ってくるんだ!
어찌 섧지 않으랴, 집도 없는 몸이야 !
どうして悲しくないだろうか、家もない体なんだ! 

歌樽先生:二つの詩を比べて何か変だと思うところはありませんか。

詩子アナ:えっ!金素月の詩で変なところがあるんですか。

歌樽先生:変というか、何でなんだろうとおもうところと言ってもいいのですが。

詩子アナ:あまりにも似すぎていて、どこがどうとはなかなかいいにくいのですが。

歌樽先生:①の「小鳥、巣、青空」は、②の「つばめ、巣、空」に対応していますね。

詩子アナ:ああ、そういうふうに比べてみると、①には「国」があるのに、②には「国」がありませんし、①には「波羅葦増雲」があるのに、②には天国がありません。でも、国を言葉に出すと、捕まるってさっきおっしゃっていましたよね。

歌樽先生:はい、いいました。

第9問:では、「つばめ」のどこに国があるでしょうか。

詩子アナ:確か、今回の詩のキーハングルは「몸:体」ですよね。

歌樽先生:そういいましたよ。

詩子アナ:しかも「몸」は2度使われていますね。つばめの「몸」と自分の「몸」なんでしょうか。

歌樽先生:なかなかいいところを突いてきましたね。

詩子アナ:よかった。やっとゴールに向かって歩き始めた感じになってきました。ということは、、

第9問:国は「」に隠れている!

歌樽先生:答が合っても理由がわからないと、意味がありませんね。もう少し、考えを「もむ」ということをしてほしいですね。

詩子アナ:出てきましたね、独断と偏見の歌樽先生の真骨頂ですね。

歌樽先生:詩子さんも急に元気になりましたね。

詩子アナ:お陰様で。もう少しヒントがあればもっと元気になるんですが。

歌樽先生:そこまでいわれると、しょうがありませんね。易しすぎるのですが、大ヒントです。

第10問:「몸」の文字をしっかり見て、分かることをいいなさい。

詩子アナ:「모」の下に「ㅁ 」があります。

歌樽先生:他には?

詩子アナ:「ㅁ」と「ㅗ」と「ㅁ」があります。

歌樽先生:近づいてきましたよ。

詩子アナ:ヤッター!国に近づいて来た訳ですね。

歌樽先生:近づきすぎると見えにくくなる場合もありますよ。

詩子アナ:では、少し離れて見ます。分かりました!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s