제비 つばめ 03

紙上中継 ハングルの詩のある風景: 제비 つばめ 第3

 

詩子アナ:詩訳ではありません。意味だけ一語、一語訳してみます。

하늘로 날아다니는 제비의 몸으로도

空を飛びまわるツバメの体でも

一定 깃을 두고 돌아오거든 !

一定の敷き藁を置き帰ってくるんだ!

어찌 섧지 않으랴, 집도 없는 몸이야 !

どうして悲しくないだろうか、家もない体なんだ!

歌樽先生:意味は抑えられたようですね。

詩子アナ:詩になってなくて、すみません。

歌樽先生:いえいえ、これからですから、大丈夫ですよ。では、この詩の内容に似ている詩をさきほどの『海潮音』から探してみましょう。

詩子アナ:短い歌から探してみます。

歌樽先生:なるほど。なかなかいい方法ですね。

詩子アナ:先生、今日は誉めすぎじゃありませんか。なにか気になりますが。

歌樽先生:この詩は何か気になるところがあると感じるところから出発する必要がありますから、なにか気になるというのはとてもいい出だしですよ。

詩子アナ:やっぱり何かあるんですね。2ページ以内と思われるものを目次から挙げてみます。

「わすれなぐさ」(p108)「山のあなた」(p109)「春」(p111)「秋」(p113)「わかれ」(p115)「水無月」(p117)「花のをとめ」(p119)「春の朝」(p132)「法の夕」(p163)「白楊」(p240)「故国」(p241)「海のあなたの」(p242)「解悟」(p242)「篠懸(すゞかけ)」(p244)「海光」(p246)

なやもけわこたとらこうたしこ

歌樽先生:2ページ以上のものが入っていますよ。

詩子アナ:もう一度チェックしてみます。後ろの詩のページの差が2ページ以内で探したのですが、こうなると一つ一つ調べてみるしかありませんね。

歌樽先生:目次と詩の内容を比べてチェックしながら見るといいですね。

詩子アナ:あの、違ってました。これ「法(のり)の夕(ゆふべ)」と読むのですか、知りませんでした。後ろの詩の「水(みづ)かひば」は168ページでした。

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00030.html#101

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00030.html#104

「海のあなた」はなくても「海のあなたに」という詩はあったんですね。

歌樽先生:詩子さんもこの詩を読んでいれば昭和の国民の常識に近づけたかもそれませんね。

詩子アナ:それが、さっきの「山のあなた」ですか。

歌樽先生:その通りです。お母さんかお父さんに訊いてごらんなさい。「やまのあなたのそらとおく」と言えば、すぐに「さいわいすむとひとのいう」と言ってくれると思いますよ。訳詩では「幸」を括弧でくくって「さいはい」とルビを振ってあります。「いう」も昔の訳ですから「いふ」となっています。これで、比べるもののリストができましたから、読んでいきましょう。

詩子アナ:そうすれば「つばめ」と似た詩を探せるわけですね。

歌樽先生:そういうことです。

詩子アナ:ああ、大変だ。

歌樽先生:大変なことは何もありません。まだ「つばめ」の入り口にも入っていないんですから。

詩子アナ:あー、一取られてしまった!

歌樽先生:このあたりでうろうろしていては先に進めませんので、第4問はあとにしましょう。

第5問:対象になった詩の14の訳詩の一文字目の初めの音の母音を多い順に並べると上位2つの並び方は次のうちのどれでしょうか。

1)あい  2)うえ  3)あお  4)おい

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s