산유화 山有花 18

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 산유화 山有花 第18回 

詩子アナ:頭音は全て「산」、脚音は全て「네」ですから、いずれも1種4同です。なるほど、改行をどこでしても韻を踏む形になっているんですね。手品のようですね。これが「改行の名手」であり、かつ「改行の魔術師」といわれる所以ですか、驚きました。

歌樽先生:では、驚いたところで、「オンマヤヌナヤ」との共通点を考えてみましょう。

詩子アナ「オンマヤヌナヤ」(第15回)で「フラクタル」のお話がありましたが、今回も関連があるのですか。

歌樽先生:ええ、もちろんありますね。「オンマヤヌナヤ」(第2回)がサンドイッチタイプの詩だといいましたが、「山有花」も大きくみれば、サンドイッチタイプの詩といえるでしょう。

詩子アナ:第1連と第4連がサンドイッチの外側で、第2連と第3連を挟んでいる訳ですね。だんだん分かってきました。

歌樽先生:「フラクタル」に気づいたり、サンドイッチの構造をすぐに理解したり、なかなか素晴らしいですね。

詩子アナ:そんなに誉めてくださっても、いい訳詩ができる力は持ち合わせていませんよ。

歌樽先生:いえいえ、そう謙遜しなくてもいいですよ。「オンマヤヌナヤ」の詩碑の写真が届きました。この写真の手前に漢川(한천)が流れています。

kanewaka018a「オンマヤヌナヤ」詩碑(醴泉 漢川辺)

kanewaka018bスンデタウン(新林駅)

詩子アナ:そろそろお腹がすいてきましたが。

歌樽先生:近くにスンデタウンと呼ばれているところがあるんです。そこに行ってみましょう。

http://bass007.tistory.com/661

詩子アナ:スンデがお好きなようですね。

歌樽先生:「オンマヤヌナヤ」の詩碑を見て、スンデを思い出しました。建物全体がスンデのお店という、韓国でもそうそうないスンデタウンですよ。

詩子アナ:「オンマヤヌナヤ」と「山有花」がどうして「スンデ」でつながっているのですか。

歌樽先生:それを問題にしたいぐらいですね。では、こんな問題でどうでしょうか。

第33問:「オンマヤヌナヤ」と「山有花」と「スンデ」のかかわりを述べなさい。

詩子アナ:答がありそうにありませんが。ヒントを御願いします。

歌樽先生:ヒントは詩の中にありますね。

詩子アナ:「엄마야 누나야 강변 살자」と「산에는 꽃 피네 꽃이 피네」でしょ。降参です。

歌樽先生:「강변 살자」は正解ですね。

詩子アナ:「川辺に住もうよ」ですか。「山有花」は「산에서 사노라네」だから、「住むんだよ」といった感じなので、あっ!分かりました!

第33問:答、「スンデ」を「住んで」に掛けているから。

歌樽先生:大正解、ということで、訳詩には期待していますよ。

詩子アナ:今回は訳詩のお話はもう済んでいたのかと思って、安心していましたが。

歌樽先生:私も「すんで」のところで訳詩の話をするのを忘れるところでした。いろんな方がすでに詩を訳していらっしゃいますから、参考になりますよ。もちろん、独自の訳を試みるのもいいでしょう。

詩子アナ:キーハングル「 여름 없이」をしっかり踏まえて訳詩してみます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s