산유화 山有花 17

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 산유화 山有花 第17回

 

詩子アナ:「縮約」のお話は以前「オンマヤヌナヤ」で伺ったような気がします。

歌樽先生:そうでしたね。「갈잎」は「갈댓잎:葦の葉」を縮約したものでしたね。

詩子アナ:「山有花」の「갈」は「가을:秋」を縮約した形でますが、「가을」でも「갈」でも頭音はどちらも「가」ですから、韻を踏むという点では変わりありませんから、「b)の縮約は関係がないのであーる」と見ましたが、いかがでしょうか。

歌樽先生:久しぶりに「であーる」が出てきましたね。

詩子アナ:ここまでの推測は当たっているようですね。次に五行については「山有花」だけではないようですから、「d)の五行は無関係であーる」と見ました。

歌樽先生:これで心象と改行が残りましたね。

詩子アナ:心象はいわばイメージですから、これもこの「山有花」だけには限りませんから、、

第32問:答はa)改行の名手であーる。

歌樽先生:やっと正解に辿りついたようですね。

詩子アナ:そういえば、詩全体が山に見えるのですから、これだけで改行に気づくべきでしたね。

歌樽先生:いえいえ、なかなかするどい推理でしたよ。素月のすごいところは、「改行の名手」でありながら、同時に「改行の魔術師」でもあったんです。

詩子アナ:「改行の名手」と「改行の魔術師」とはどのように違うのですか。

歌樽先生:「改行の名手」とは改行の技のすばらしさをいったものですが、「改行の魔術師」というのは、マジックのレベルにまで達しているといっていいでしょう。

詩子アナ:では、「改行マジシャン」という訳ですか。

歌樽先生:なるほど、面白い言い方ですが、当たっていますね。

詩子アナ:何がマジックになっているのですか。

歌樽先生:こんな風にあっちもこっちも改行して、16行の詩になっていますが、この詩全体では8行

の詩にも、4行詩にもなっているのです。

詩子アナ:4行詩と8行詩ですか。16行なのに?

歌樽先生:そこが素月のすごいところですね。4連の詩をそれぞれまず2行で書いてみましょう。

詩子アナ:わかりました。

산에는 피네 꽃이 피네
여름 없이 꽃이 피네. 

산에 산에 피는 꽃은
저만치 혼자서 피어 있네. 

산에서 우는 작은 새요
꽃이 좋아 산에서 사노라네. 

산에는 지네 꽃이 지네
여름 없이 꽃이 지네.

歌樽先生:各連の1行目と2行目の頭音と脚音を調べてみましょう。

詩子アナ:1行目は同じですが、2行目は頭音が変化しているのに、2種3同で五行の季節は変わらず、脚音は全て夏ですから、頭音も脚音も1種4同か2種3同となっていて韻が揃っています。

image

歌樽先生:では、4行詩と見た場合はどうなりますか。

詩子アナ:上の8行を4行にすればいいんですね。やってみます。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s