산유화 山有花 18

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 산유화 山有花 第18回 

詩子アナ:頭音は全て「산」、脚音は全て「네」ですから、いずれも1種4同です。なるほど、改行をどこでしても韻を踏む形になっているんですね。手品のようですね。これが「改行の名手」であり、かつ「改行の魔術師」といわれる所以ですか、驚きました。

歌樽先生:では、驚いたところで、「オンマヤヌナヤ」との共通点を考えてみましょう。

詩子アナ「オンマヤヌナヤ」(第15回)で「フラクタル」のお話がありましたが、今回も関連があるのですか。

歌樽先生:ええ、もちろんありますね。「オンマヤヌナヤ」(第2回)がサンドイッチタイプの詩だといいましたが、「山有花」も大きくみれば、サンドイッチタイプの詩といえるでしょう。

詩子アナ:第1連と第4連がサンドイッチの外側で、第2連と第3連を挟んでいる訳ですね。だんだん分かってきました。

歌樽先生:「フラクタル」に気づいたり、サンドイッチの構造をすぐに理解したり、なかなか素晴らしいですね。

詩子アナ:そんなに誉めてくださっても、いい訳詩ができる力は持ち合わせていませんよ。

歌樽先生:いえいえ、そう謙遜しなくてもいいですよ。「オンマヤヌナヤ」の詩碑の写真が届きました。この写真の手前に漢川(한천)が流れています。

kanewaka018a「オンマヤヌナヤ」詩碑(醴泉 漢川辺)

kanewaka018bスンデタウン(新林駅)

詩子アナ:そろそろお腹がすいてきましたが。

歌樽先生:近くにスンデタウンと呼ばれているところがあるんです。そこに行ってみましょう。

http://bass007.tistory.com/661

詩子アナ:スンデがお好きなようですね。

歌樽先生:「オンマヤヌナヤ」の詩碑を見て、スンデを思い出しました。建物全体がスンデのお店という、韓国でもそうそうないスンデタウンですよ。

詩子アナ:「オンマヤヌナヤ」と「山有花」がどうして「スンデ」でつながっているのですか。

歌樽先生:それを問題にしたいぐらいですね。では、こんな問題でどうでしょうか。

第33問:「オンマヤヌナヤ」と「山有花」と「スンデ」のかかわりを述べなさい。

詩子アナ:答がありそうにありませんが。ヒントを御願いします。

歌樽先生:ヒントは詩の中にありますね。

詩子アナ:「엄마야 누나야 강변 살자」と「산에는 꽃 피네 꽃이 피네」でしょ。降参です。

歌樽先生:「강변 살자」は正解ですね。

詩子アナ:「川辺に住もうよ」ですか。「山有花」は「산에서 사노라네」だから、「住むんだよ」といった感じなので、あっ!分かりました!

第33問:答、「スンデ」を「住んで」に掛けているから。

歌樽先生:大正解、ということで、訳詩には期待していますよ。

詩子アナ:今回は訳詩のお話はもう済んでいたのかと思って、安心していましたが。

歌樽先生:私も「すんで」のところで訳詩の話をするのを忘れるところでした。いろんな方がすでに詩を訳していらっしゃいますから、参考になりますよ。もちろん、独自の訳を試みるのもいいでしょう。

詩子アナ:キーハングル「 여름 없이」をしっかり踏まえて訳詩してみます。

산유화 山有花 17

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景: 산유화 山有花 第17回

 

詩子アナ:「縮約」のお話は以前「オンマヤヌナヤ」で伺ったような気がします。

歌樽先生:そうでしたね。「갈잎」は「갈댓잎:葦の葉」を縮約したものでしたね。

詩子アナ:「山有花」の「갈」は「가을:秋」を縮約した形でますが、「가을」でも「갈」でも頭音はどちらも「가」ですから、韻を踏むという点では変わりありませんから、「b)の縮約は関係がないのであーる」と見ましたが、いかがでしょうか。

歌樽先生:久しぶりに「であーる」が出てきましたね。

詩子アナ:ここまでの推測は当たっているようですね。次に五行については「山有花」だけではないようですから、「d)の五行は無関係であーる」と見ました。

歌樽先生:これで心象と改行が残りましたね。

詩子アナ:心象はいわばイメージですから、これもこの「山有花」だけには限りませんから、、

第32問:答はa)改行の名手であーる。

歌樽先生:やっと正解に辿りついたようですね。

詩子アナ:そういえば、詩全体が山に見えるのですから、これだけで改行に気づくべきでしたね。

歌樽先生:いえいえ、なかなかするどい推理でしたよ。素月のすごいところは、「改行の名手」でありながら、同時に「改行の魔術師」でもあったんです。

詩子アナ:「改行の名手」と「改行の魔術師」とはどのように違うのですか。

歌樽先生:「改行の名手」とは改行の技のすばらしさをいったものですが、「改行の魔術師」というのは、マジックのレベルにまで達しているといっていいでしょう。

詩子アナ:では、「改行マジシャン」という訳ですか。

歌樽先生:なるほど、面白い言い方ですが、当たっていますね。

詩子アナ:何がマジックになっているのですか。

歌樽先生:こんな風にあっちもこっちも改行して、16行の詩になっていますが、この詩全体では8行

の詩にも、4行詩にもなっているのです。

詩子アナ:4行詩と8行詩ですか。16行なのに?

歌樽先生:そこが素月のすごいところですね。4連の詩をそれぞれまず2行で書いてみましょう。

詩子アナ:わかりました。

산에는 피네 꽃이 피네
여름 없이 꽃이 피네. 

산에 산에 피는 꽃은
저만치 혼자서 피어 있네. 

산에서 우는 작은 새요
꽃이 좋아 산에서 사노라네. 

산에는 지네 꽃이 지네
여름 없이 꽃이 지네.

歌樽先生:各連の1行目と2行目の頭音と脚音を調べてみましょう。

詩子アナ:1行目は同じですが、2行目は頭音が変化しているのに、2種3同で五行の季節は変わらず、脚音は全て夏ですから、頭音も脚音も1種4同か2種3同となっていて韻が揃っています。

image

歌樽先生:では、4行詩と見た場合はどうなりますか。

詩子アナ:上の8行を4行にすればいいんですね。やってみます。

 

산유화 山有花 16

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景:산유화 山有花 第16回

 

歌樽先生:では、原本をみてみましょう。

image

『진달래꽃』金廷湜 賣文社1939

詩子アナ:第1行目は6文字で、助詞の「이」はありませんね。ということは南山の詩碑の方が正しいんですね。

歌樽先生:助詞についてはそのうち誰かが気づくでしょう。では、問題です。

第31問:もし、助詞の「」を入れていたとしたら、その表記はどうなっていたでしょうか。

詩子アナ:この写真のような書き方は不慣れでなのですが、第2行目が「꽃이 피네」の部分のようですから、

第31問:助詞の「이」が入っていれば「치」です。

歌樽先生:ハングルの表記法が確立する前ですので、いろいろと書き方を工夫していたようですね。「꽃이 피네」の部分は、まず初声が「ㅺ」、中声は「ㅗ」、パッチムは「ㅅ」で、これに「치픠네」が続いています。助詞の「이」がパッチム「ㅊ」と一緒になって、2行目、4行目、10行目、14行目、16行目では「치」となっていますね。

詩子アナ:9行目の「적은 새요」のままでは「少ない鳥」になっしまいますが。

歌樽先生:素月の住んでいた地方の方言では「작은:小さい 」を「적은」と言ってもおかしくないという話を定州に住んでいたおじいさんから聞いたことがあります。素月の詩には方言のまま書かれているものがいくつかあるようですね。

では、ここで、各連の頭音と脚音を五行の季節で表してみましょう。

詩子アナ:はい。「새여」は「새요」、「좋아」は「죠와」となっていますので、ここでは「요」「와」としてみました。

image

歌樽先生:なかなかすっきりしていますね。

詩子アナ:すっきりしているということは素月が韻を踏んでいるということでしょうか。

歌樽先生:もちろんそういうことになりますね。

第32問:「山有花」で韻を踏むことと最も関係の深いのは次のどれでしょうか。

  1. a) 改行の名手 b) 縮約の名手 c) 心象の名手 d) 五行の名手