산유화 山有花10

紙上中継[LIVE]  ハングルの詩のある風景: 산유화 山有花 第10回

詩子アナ:「土用の丑(うし)の日」にウナギを食べる「夏の土用」だけではないんですね。

歌樽先生:そうですね。四季それぞれに土用がありますから。

詩子アナ:韓国では「土用の丑の日」のような日はあるのですか。

歌樽先生:「복날:伏の日」とか「삼복:三伏」と呼ばれる日がありますね。夏至の日から数えて3番目と4番目の「庚(かのえ)」にあたる日と立秋のすぐ後の「庚」の日で、それぞれ「초복:初伏(しょふく)」「중복:中伏(ちゅうふく)」「말복:末伏(まっぷく)」といって、暑さ負けしないように体に良いといわれるものを食べています。

詩子アナ:それはどんな食べ物ですか。

歌樽先生:代表的なものは犬料理で「ポシンタン(보신탕:補身湯)」とも「ヨンヤンタン(영양탕:営養湯)」とも言っていましたが、最近は「サチョルタン(사철탕)」と呼んでいますね。「サチョル」とは「四季」のことで、季節にかかわらずいつでも食べられるという意味で名付けられたといわれていますね。

詩子アナ:「갈 봄 여름 없이」という訳ですか。「山有花」とは無関係なのに、こんなところで回り回ってドッキングですか。「初伏」「中伏」「末伏」の「伏」の字には「犬」がありますね。これもドッキングでしょうか。

歌樽先生:それは気がつきませんでした。では、「갈 봄 녀름업시」に戻って、季節について考えてみましょう。

第20問:「갈 봄 녀름업시」を一文字ずつ読んで、その音に対応する季節を調べてみましょう。

詩子アナ:はい、五行と五音、それに対応する音と季節を整理しておきます。
五行 五音 対応音 季節
① 木:牙音  ㄱ/ㅋ/ㄲ ・・・・・・ 春
② 火:舌音  ㄴ/ㄷ/ㄹ/ㅌ/ㄸ ・・・ 夏
③ 土:喉音  ㅇ/ㅎ・・・・・・・・ 土用
④ 金:歯音  ㅅ/ㅈ/ㅊ/ㅆ/ㅉ ・・・ 秋
⑤ 水:脣音  ㅁ/ㅂ/ㅍ/ㅃ・・・・・ 冬

第20問:こんな感じです。
初声:季節   終声:季節  意味
「갈」・・・가:春    ㄹ:夏     秋
「봄」・・・보:冬    ㅁ:冬     春
「녀」・・・녀:夏
「름」・・・르:夏    ㅁ:冬     夏
「업」・・・어:土用   ㅂ:冬
「시」・・・시:秋
一文字ずつ初声と終声の季節と意味も付け加えました。

歌樽先生:これで、何か分かりましたか。

詩子アナ:はい、五行音の季節でいえば、「갈」の「가」が春、「ㄹ」が夏となって、「갈」は「가을」、つまり秋ということですから、この順に季節を考えると、これで「春→夏→秋」、次の「봄」の「보」が冬となって、季節が巡っています。
つまり、「春→夏→秋→冬→春」が「갈 봄」で表わされているということでしょうか。

歌樽先生:そうですね。これを「봄」から始めると意味は春から始まりますが、音から見ると「봄」の「보」も、パッチムの「ㅁ」も冬になってしまいます。

詩子アナ:では、「갈 봄 녀름 없이」を「秋春夏なく」と訳さなくてもいいのですか。

歌樽先生:「秋春夏なく」では順序がおかしいですからね。
詩子アナ:なるほど、音と意味から「春夏秋冬」と理解できるような仕組みを考えたところがすごいですね。それで「갈 봄 녀름업시」がキーワードという訳ですか。

歌樽先生:もちろんリズムも忘れてはいけませんが。

詩子アナ:ところで、金素月は「陰陽五行説」について知っていたのでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中