산유화 山有花 06

紙上中継[LIVE]  ハングルの詩のある風景:  산유화 山有花  第6回

詩子アナ:山の中央がスーと右に延びていますから、これを90度右に回すと、山が手前にグッと迫ってくるようですね。

歌樽先生:なるほど、いい所に気が付きましたね。

詩子アナ:前に迫った山の頂を両側の峰と谷がしっかり支えている感じです。

歌樽先生:なかなか素晴らしい! 絵の素養があるようですね。

詩子アナ:画家ですか。

歌樽先生:がっかりしましたか。

詩子アナ:いえいえ、そういわれましたから、山に咲いた花を描いている気分です。

歌樽先生:それでこそ、詩子さんですね。
第12問:では、「山」と「花」の共通点は何でしょうか。

詩子アナ:漢字で1文字、カナで2文字。

歌樽先生:ほかに何かありませんか。

詩子アナ:英語では「mountain」と「flower」、「o」が共通に使われています。

歌樽先生:ローマ字で書くと分かるかもしれませんね。

詩子アナ:「yama」と「hana」ですか、分かったー!
第12問:正解は全ての母音が「a」、つまり「あ」であーる。

歌樽先生:では「산」と「꽃」の場合はどうでしょうかね。
第13問:「산」と「꽃」の共通点は何でしょうか。

詩子アナ:そういう流れでしたか。
第13問:正解は「산」の母音も「꽃」母音も陽母音であーる。

歌樽先生:よく思い出しましたね。今度は母音について調べてみましょう。
第14問:次のうち陽母音だけのグループを挙げましょう。

  • a)아야와위
  • b)웨요외에
  • c)어으오우
  • d)와왜애야

詩子アナ:「아야오요」が陽母音と覚えていましたが、複雑な母音が加わると、ややこしいですね。

歌樽先生:ヒントにはなりませんが、「ややこしい」を「야야코시이」とハングルで書くと、ここには陰母音はありませんね。

詩子アナ:もうすこしヒントらしいヒントがあれば嬉しいのですが。

歌樽先生:それぞれの3番目の音は陽母音扱いとしましょう。

詩子アナ:これは嬉しいヒントですね。「오」とその要素を持つ「와/외/왜」の各母音は陽母音という訳ですね。分かりました。
第14問:正解はd)です。

歌樽先生:よく分かりましたね。

詩子アナ:ヤッター!「陽母音扱い」という説明がヒントになりました。「이+아=야」は「아」が陽母音で、その線上で「야」が陽母音と考えれば、同様に「아/오」を基本に持つ母音は陽母音と考えた訳です。「이」はどうなるんですか。

歌樽先生:「이」は中性母音と考えられています。陽母音にも陰母音にもつきますからね。
第15問:「山有花」の第1連の各行の初めの音の特徴は何でしょうか(太字で示しました)。

詩子アナ:では、その部分を読んでみます。

에는 꽃 피네
이 피네
봄 여름 없이
이 피네.

歌樽先生:なかなかいい調子ですね。

詩子アナ:各行の最初の音は「頭音」と呼ぶことにしましたが、各行の終わりの音はなんと呼ぶのですか。

歌樽先生:「脚音」と呼んでおきましょう。

詩子アナ:漢詩の「頭韻」「脚韻」とは違うのですか。

歌樽先生:韻を踏んでいるかどうかは別として、ただ各行の最初の音と最後の音を指すものとして、ここでは「頭音」「脚音」という語を使うことにしましょう。

詩子アナ:はい、分かりました。
第15問:答は、全ての行の頭音は陽母音であーる。
「산」と「갈」は「아」、「꽃」は「오」でどれも陽母音ですから。

歌樽先生:「であーる」が口癖になったようですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中