オンマヤ・ヌナヤ 19

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第19回

詩子アナ:「意図」は「核心となる部分」をみること、その核心部は結局、「詩の完成を担っている部分」なので、どのように詩を完成させたかを知り、それを訳に生かすということで、

「엄마야 누나야 강변 살자」では「마야/나야/살자」が「아야/아야/아야」という韻を踏んでいること。

歌樽先生:何を言っているのかよく分かりませんが、そうやって自分で整理してみるのはいいことですね。

詩子アナ:もう一つあります。一行目の「엄・누・강・변・살」が五行の土、火、木、水、金の音を持っていること。

歌樽先生:では、やってみましょう。試訳ですから、気軽にやってみてください。後で直すことになりますから、気兼ねなく、思い切って、どんどんやってみましょう。

詩子アナ:ほんとにどんどん思い切って何でもいいんですか。

歌樽先生:いいですよ、どんなものになるか楽しみですね。

詩子アナ:「お母さんや、姉さんや、川辺に住もうや」

歌樽先生:考えた跡はわかりますが、「お母さんや」という言い方が不自然ですね。お爺さんが「お婆さんや」と言ったり、お婆さんが「お爺さんや」いうのはあるでしょうが。

詩子アナ:「おっ母さん、姉さん、川辺に住もやんけ」

歌樽先生:「住もやんけ」は大阪弁ですか?

詩子アナ:それらしくしてみましたが、だめですかね。

歌樽先生:方言なら方言で統一すれば、それはそれでいいでしょう。

詩子アナ:「おっ母さん、姉さん、川辺で暮らさんか」

歌樽先生:なるほど、「さん」で揃えてきましたか。

詩子アナ:上出来でしょ?「さん」が三つで「おりこうさん」、出来た!

歌樽先生:乱暴な訳ですね。私が降参です。

詩子アナ:「かか様、姉様、家は川辺ぢゃ」

歌樽先生:これでは、今の人は分からないでしょう。

詩子アナ:やっぱり、これではだめですか。

歌樽先生:童謡の感じがあったほうがいいでしょうね。

第52問:日本の童謡で母を「かかさん」と呼んでいる歌がありますが、それはどれでしょうか。

1)雨降り 2)十五夜お月さん 3)やさしいおかあさま 4)肩たたき

十五夜お月さん

詩子アナ:どこかで聞いたことのあるようなないような歌もありますが、「かかさん」とは確かに古い感じがしますね。

第52問:答は2)十五夜お月さん。

詩子アナ:ママのついた童謡もありますか。

歌樽先生:ありますよ。「ママのおひざ」は有名ですね。「すやすやママの胸で」

「すやすやママの胸で」という子守唄もありますね。

詩子アナ:じゃあ、ママでやってみます。

歌樽先生:はい、ではそうしてみましょう。

詩子アナ:でも、ママでは字数のバランスが難しいですね。

歌樽先生:そこは少し考えてみましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中