オンマヤ・ヌナヤ 20

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第20回

詩子アナ:どうして、「강변에 살자」ではなくて、「강변 살자」なんですか。これでは、「川辺に住もうよ」ではなくて「川辺住もうよ」となっておかしい気がするのですが。

歌樽先生:その通りですね。ところが、誰もおかしいとは思っていないようです。「강변 살자」という名前のペンションもあるようですし。

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=zemi00&logNo=60196457993

http://map.zum.com/zum/hub?ptype=p_detail&mk=MP1336047192310&oid=&p_eye=

詩子アナ:こういった省略は童謡とか詩だからということもあるんですか。

歌樽先生:それはあると思います。さっきの「かかさん」が歌詞にある「十五夜お月さん」は野口雨情の作詞ですが、ここでは「もらわれて」を「貰られて」と書いてあります。

http://j-lyric.net/artist/a00126c/l013274.html 

noguchi-ujo-15ya

詩子アナ:なにか果てしなく寂しい歌ですね。お母さんが亡くなったようで、お父さんもいないんでしょうか。童謡とは思えないほどですね。

歌樽先生:これと較べると「엄마야 누나야」は明るいですね。

詩子アナ:そうですね。希望がありますから。ところで、「貰われて」を「貰られて」のように言葉の数を合わせるために適当に変えてもいいのですか。

歌樽先生:無理なものは無理と考えるのがいいでしょうね。

詩子アナ:「강변 살자」はどうですか。

歌樽先生:「강변 살자」は原本には「江邊살쟈」と一語のように書いてあって、分かち書きをしていませんから、「강변살다」という動詞として認識していた可能性はあると思います。もう一つは言葉の性質上、一度納得できれば少し変でも分かったつもりになって、だんだんと抵抗が少なくなるというところもありますね。それで、一行目の訳詩はどうなりましたか。

詩子アナ:ママを使ってみました。それから助詞の「で」を入れました。

「ママ、姉さん、川辺で住もうよ」

歌樽先生:ママという語について考えてみましょう。

第53問:ママという語は日本でいつ頃から使われ始めるようになったのでしょうか。

1)大正(1912)以前から 2)昭和20年(1945)頃

3)昭和40年(1965)     4)平成(1989)以降

詩子アナ:私のおじいさん、おばあさんの頃だとして、昭和20年頃だと思います。

歌樽先生:実は意外と古いんです。

第53問:答は1)大正(1912)以前からといわれています。

詩子アナ:はあ、そうですか。ところで、私の訳詩の出来はいかがですか。

歌樽先生:「かか様、姉様、家は川辺ぢゃ」に比べると、子供にも分かりやすいですね。

詩子アナ:ヤッター!

第2回新大久保映画祭のご案内

「第2回 新大久保映画祭」発表会のご案内

「第2回新大久保映画祭」が8月14日(金)~22日(土)開催されます。その公式発表会が6月24日(水)に行われます。詳細は以下のとおりです。参加ご希望の方は19日(金)までに映画祭の事務局にお申込みください。

1.日時:2015年6月24日(水) 17:00〜18:30
2.場所:駐日大韓民国大使館1階 大講堂 (東京都港区南麻布1-2-5)
*駐車場は使用できませんので、公共交通機関を利用してください。
3.主催:新大久保映画祭 実行委員会
4.内容:
映画祭のプレゼンテーション、上映作品の紹介、実行委員会の紹介
➜上映作品の概要はこちら
5.参加者:映画祭の実行委員、組織委員、協力店、関係者など
6.参加申込:6月19日(金)17時までにメールまたはFAXでお申込みください。
➜参加申込書はこちらから
*大使館官邸セキュリティのため、事務局への事前登録が必要です。
*事前登録のうえ本招待状を会場にお持ちください。
7.発表会の参加費:無料(事前登録が必要です)
8.お問合せ&申し込み:新大久保映画祭 事務局
shinokubofilm@gmail.com、Tel/Fax 03-3200-3107
http://shinokubofilm.com/

オンマヤ・ヌナヤ 19

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第19回

詩子アナ:「意図」は「核心となる部分」をみること、その核心部は結局、「詩の完成を担っている部分」なので、どのように詩を完成させたかを知り、それを訳に生かすということで、

「엄마야 누나야 강변 살자」では「마야/나야/살자」が「아야/아야/아야」という韻を踏んでいること。

歌樽先生:何を言っているのかよく分かりませんが、そうやって自分で整理してみるのはいいことですね。

詩子アナ:もう一つあります。一行目の「엄・누・강・변・살」が五行の土、火、木、水、金の音を持っていること。

歌樽先生:では、やってみましょう。試訳ですから、気軽にやってみてください。後で直すことになりますから、気兼ねなく、思い切って、どんどんやってみましょう。

詩子アナ:ほんとにどんどん思い切って何でもいいんですか。

歌樽先生:いいですよ、どんなものになるか楽しみですね。

詩子アナ:「お母さんや、姉さんや、川辺に住もうや」

歌樽先生:考えた跡はわかりますが、「お母さんや」という言い方が不自然ですね。お爺さんが「お婆さんや」と言ったり、お婆さんが「お爺さんや」いうのはあるでしょうが。

詩子アナ:「おっ母さん、姉さん、川辺に住もやんけ」

歌樽先生:「住もやんけ」は大阪弁ですか?

詩子アナ:それらしくしてみましたが、だめですかね。

歌樽先生:方言なら方言で統一すれば、それはそれでいいでしょう。

詩子アナ:「おっ母さん、姉さん、川辺で暮らさんか」

歌樽先生:なるほど、「さん」で揃えてきましたか。

詩子アナ:上出来でしょ?「さん」が三つで「おりこうさん」、出来た!

歌樽先生:乱暴な訳ですね。私が降参です。

詩子アナ:「かか様、姉様、家は川辺ぢゃ」

歌樽先生:これでは、今の人は分からないでしょう。

詩子アナ:やっぱり、これではだめですか。

歌樽先生:童謡の感じがあったほうがいいでしょうね。

第52問:日本の童謡で母を「かかさん」と呼んでいる歌がありますが、それはどれでしょうか。

1)雨降り 2)十五夜お月さん 3)やさしいおかあさま 4)肩たたき

十五夜お月さん

詩子アナ:どこかで聞いたことのあるようなないような歌もありますが、「かかさん」とは確かに古い感じがしますね。

第52問:答は2)十五夜お月さん。

詩子アナ:ママのついた童謡もありますか。

歌樽先生:ありますよ。「ママのおひざ」は有名ですね。「すやすやママの胸で」

「すやすやママの胸で」という子守唄もありますね。

詩子アナ:じゃあ、ママでやってみます。

歌樽先生:はい、ではそうしてみましょう。

詩子アナ:でも、ママでは字数のバランスが難しいですね。

歌樽先生:そこは少し考えてみましょう。

オンマヤ・ヌナヤ 18

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第18回

詩子アナ: 第50問のなぜ「川辺に住もうよ」という詩を作ったか、分かりました。

歌樽先生:それはすばらしいですね。では、それが答になるような別の問題を考えてみましょう。

詩子アナ:正解を当てればいいと思っていたのですが、問題をもう一度見てから考えてみます。

第50問:なぜ「川辺に住もうよ」という詩を作ったのでしょうか。

1) 川辺が好きだから 2) 庭の金の砂の光がきれいだから

3) 葦の歌が聞きたいから 4) 住むのに良い場所だから

歌樽先生:では、ヒントを出しましょう。四字の漢字で作ってみましょう。

詩子アナ:四字熟語ですか。もっと難しくなりました。

歌樽先生:知っている四字熟語はどれくらいありますか。

詩子アナ:四字熟語はあまりよく知らないんです。四面楚歌の状態です。答を当てますから、先生が四字熟語で作ってください。

歌樽先生:では、問題を作ってみましょう。

第51問:次のAグループとBグループのうちどちらに正解があるでしょうか。

Aグループ 1)山紫水明 2)鎮山案山 3)山容水態 4)背山臨水

Bグループ 1)風光明媚 2)風餐露宿 3)風林火山 4)馬耳東風

詩子アナ:Aグループは山、Bグループは風のようですね。見たことのないものもありますが、Bではないように思われます。

第51問:正解はAグループです。

歌樽先生:はい、正解です。Bグループの2)風餐露宿は旅の苦労や野宿の苦しみなどを表す言葉ですね。では、Aグループの中から問題です。

第52問:次のうち、第50問の正解は次の内どれに一番近いでしょうか。

1)山紫水明 2)鎮山案山 3)山容水態 4)背山臨水

詩子アナ:1)の「山紫水明」と3)山容水態はどちらも自然の美しさをいっているので、これが正解であれば正解が2つになってしまうので、バツですね。2)の「鎮山案山」は都や村の後と前の山のようですから、正解がわかりました。

第52問:正解は4)背山臨水です。

歌樽先生:正解です。「背山臨水(배산임수)」は都や村の立地条件を風水地理説から見たときの言葉ですね。

http://cafe.daum.net/publicauction30/MiuB/12?q=%B9%E8%BB%EA%C0%D3%BC%F6%B6%F5

ということは、第50問の正解は?

詩子アナ:これは、分かりました。

第50問:正解は、4)住むのに良い場所だから。

歌樽先生:先ほど考えていた答と同じですか?

詩子アナ:1)の「川辺が好きだから」は2)、3)の二つを含んでいて、4)は次元の違うものなので、1)か4)か迷いましたが、結局1)2)3)は同類なので、これはもう4)に違いないと思いました。金素月が「背山臨水」を好んだことはどうすれば分かりますか。

歌樽先生:一番分かりやすいのは、素月の詩を一通り読んでみることですね。そうすればすぐに納得がいくでしょう。

詩子アナ:全部読むのですか。

歌樽先生:基本は全てですが、例えば村とか家とかの言葉があるか、そうでなくてもそれらを指していると思われる詩の中に山や川が出てくるかを調べるだけでも十分だと思います。

詩子アナ:分かりました。

歌樽先生:では、「オンマヤ ヌナヤ」をもう一度新しく訳してみましょう。

詩子アナ:さっき訳したのはどこにいったっけ。ちょっと捜してみます、ええと。

歌樽先生:初めから新しくやり直した方がいいでしょう。

詩子アナ:新しくですか。わかりました。

歌樽先生:まず、一行目の「엄마야 누나야 강변 살자」だけを試訳してみましょう。

詩子アナ:さっき、やったのがでてきました。

「お母さん! お姉さん! 川辺に住もうよ」

でも、これじゃあ新しくやったことにはならないし。訳すときに必要なのは「意図」を探るということでしたので、ここの意図は、ええと、、、

歌樽先生:その調子でやってみましょう。

オンマヤ・ヌナヤ 17

紙上中継 [LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第17回

歌樽先生:分かるかもしれないし、分からないかもしれません。五行をどのように2つのグループに分けるかが鍵ですね。

詩子アナ:例えば「木-火-土」と「金-水」のようにですか。

歌樽先生:そうですね。

詩子アナ:それは「水-木―火」のグループと「土-金」のグループでしょう。これ以外は考えられません。「水-木―火」が第2行目と第3行目の核心部分ですから。

歌樽先生:では、それでやってみましょう。

詩子アナ:こんな感じに色分けしてみました。

kanewaka-fukei17

歌樽先生:なかなかいい出来栄えですね。

詩子アナ:ヤッター!いろいろ考えました。ここでもほぼ左右対称になっていますが、一つだけ別の色になっているのがワンポイントずらした「멋(粋)」にあたるんでしょうか。

歌樽先生:「멋(粋)」と断定するのは難しいでしょうが、金素月の持ち味が出ていると言っていいでしょう。

詩子アナ:独断と偏見の歌樽先生としては控えめなコメントをいただきました!

歌樽先生:では、川辺に住もうという理由を考えてみましょう。

詩子アナ:できれば、四択で御願いしたいのですが。

歌樽先生:分かりました。


第50問:なぜ「川辺に住もうよ」という詩を作ったのでしょうか。

1) 川辺が好きだから       2) 庭の金の砂の光がきれいだから

3) 葦の歌が聞きたいから   4) 住むのに良い場所だから

詩子アナ:全部、当たっているように思えますね。昼食の前に訳したものをもう一度見てみます。

お母さん! お姉さん! 川辺に住もうよ

庭には煌めく金の砂の光

裏門の外には葦の葉の歌

お母さん! お姉さん! 川辺に住もうよ

歌樽先生:そろそろ、汽車がくる時間ですね。答の方と訳詩の方は、帰りにゆっくり考えてください。実は、大変なことが起こるかも知れないんです。回龍浦の周りを流れる川を乃城川(내성천)というのですが、この川がなくなるかも知れないと心配している人がたくさんいるんです。

詩子アナ:川がなくなるんですか。

歌樽先生:四大江事業(사대강 사업:4つの大きな川)で上流にダムができて、以前のようには川の水が流れてこないかも知れないんです。

詩子アナ:それは大変ですね。川がなければ回龍浦(회룡포:フェリョンポ)じゃなくて、無龍浦(무룡포:ムリョンポ)になってしまいますね。子供たちが来ますね。

歌樽先生:汽車に乗るようですね。애들아 잘 있어!(僕たち、元気でね。)

子供たち:네, 안녕히 가세요.(はい、さようなら。)