オンマヤ・ヌナヤ 07

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第7回

詩子アナ:これは「3)갈댓잎(葦の葉) 」でしょう。葦の葉の群生を見ましたし。

歌樽先生:するどーい!

第14問:答は3)갈댓잎(葦の葉)です。「갈대:葦」を「갈」と縮約しているんですね。

歌をもう一度聴いてみましょう。

詩子アナ:同じような縮約の用例は他にもあるんですか。

歌樽先生:いくつもありますよ。「갈밭:갈대밭(葦の原っぱ)」、「갈숲:갈대숲(葦の茂り)」、「갈잎새:갈대의 잎새(葦の葉っぱ)」などの例がありますね。「가을(秋)」を「갈」と縮約したものもあります。実は「갈」だけではなくていろんな言葉を縮約しているのです。

つまり、金素月は「준말의 묘수(縮約語の妙手)!」といえるでしょう。

詩子アナ:独断と偏見の妙手の歌樽先生の独壇場です!

歌樽先生:独壇場ではなく、「独擅場(どくせんじょう)」が正しいんです。

詩子アナ:すみません。独壇場とばかり思っていました。先生、まだ「갈잎의 노래」まで辿り着くには遠いんですか?

歌樽先生:少し近づきましょう。「갈잎의 노래(葦の葉の歌)」と関連した語句を探してみましょう。

第15問:「갈잎의 노래」とセットで用いられている語句はどれでしょうか。

1)금 모래빛  2)강변 살자  3)엄마야 누나야  4)뒷문 밖에

金の砂の光   川辺で住もう  母さん姉さん   裏門の外

詩子アナ:セットというのはペアーということですよね。

1)갈잎의 노래・・・ 금 모래빛・・・・歌:光

2)갈잎의 노래・・・ 강변 살자・・・・葦:川辺

3)갈잎의 노래・・・ 엄마야 누나야・・歌:呼びかけ

4)갈잎의 노래・・・ 뒷문 밖에・・・・歌:聞こえてくる場所

答は3番の「엄마야 누나야」、聞こえてくるものと、呼びかけているもものペアです。

歌樽先生:少し 難しかったようですね。

第15問:答は1)「금 모래빛」です。

詩子アナ:そうかなと、思ったんですよ、歌は聞こえてきますから耳で、光は見えますから目ではないのかと一瞬考えましたが、残念!

歌樽先生:それほど残念でもありませんよ。ポイントが違いますから。

갈잎의 노래
子音[ㄱ] 母音[오래]
모래 빛

つまり、一種の韻を踏んでいるということですね。

詩子アナ:「노래」と「모래」があるのはたまたまではないんですか。他の例が知りたいですね。読めば分かりますか。

歌樽先生:一二度読んだだけでは、なかなか分かりにくいでしょうが、注意深く詩を読んでいけば分かります。「山우헤」という詩はいろんなバージョンがあるんですが、その一つに「흰 모래가 빗긴 船倉가에는 다만 뱃노래・・」という部分があって、ここでも「모래」と「노래」が対のように使われています。「마른江두덕에서」という詩では「빨내소래 물소래 仙女의 노래」、「江村」では「금모래 반짝..靑노새 몰고 가는 낭군」、「잠」では「노래한다 갈잎새 꽃이 핀다 물모래」というふうに「오래」という音を繰り返していますよ。

詩子アナ:はあ。では、そういう音韻の組み合わせのようなものを大切にしたということですか。

歌樽先生:多くの詩人はリズムや音韻を基本に据えていますから、金素月に限ったことではないのですが、特の素月の場合は、このことは重要です。では、ここで問題です。

第16問:「뜰에는 반짝이는 금 모래 빛」と「뒷문 밖에는 갈잎의 노래」の音韻上の関連は次の内のどれに当たるといえるでしょうか。

1)夫と妻   2)向う三軒両隣  3)祖父と孫  4)兄弟姉妹

オンマヤ・ヌナヤ 06

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第6回

詩子アナ:五音のそれぞれが、五行のどれかと対応している訳ですか。

歌樽先生:そういうことですね。

詩子アナ:全く見当もつきません。お手上げです。

歌樽先生:分かりました。

第11問:答は2)火です。

これから何度も出てきますので表にしておきましょう。

五行 五音 対応音    略式カナ表記

① 木:牙音  ㄱ/ㅋ/ カガ行

② 火:舌音  ㄴ/ㄷ/ㄹ/ㅌ タダナラ行

③ 土:喉音  ㅇ/ㅎ アヤワハ行

④ 金:歯音  ㅅ/ㅈ/ㅊ/ サザチャ行

⑤ 水:脣音  ㅁ/ㅂ/ㅍ パバマ行

詩子アナ:「オンマヤ、ヌナヤ」と音の分類とはどんな関係があるのですか。

歌樽先生:では、それを調べてみましょう。

第12問:「엄마야 누나야 강변 살자」を五行で分類し、それぞれいくつあるか数えてみましょう。

この詩は1922年1月の『開闢』19号には「강변살자」は「江邊살쟈」となっています。

詩子アナ第12問の答は「木:1 火:2 土:3 金:2 水:2」です。

歌樽先生:素晴らしい! 5つのグループの全ての音が入っていますね。ここがポイントの一つです。では、次の問題です。

第13問:次の母音の中から陽母音を4つ選びましょう。

이 아 야 어 여 으 오 요 우 유

詩子アナ:ええと、母音は「아 야 어 여 오 요 우 유 으 이」という順序ですよね。

歌樽先生:その通りですが、母音を覚えるときには「アヤオ体操」がいいですね。

詩子アナ:「アヤオ体操」というのは何ですか。

歌樽先生:ユーチューブにもありますね。

まーる(○)書いて縦棒は이(イ)、右に아(ア)야(ヤ)左어(オ)여(ヨ)

まーる(○)書いて横棒は으(ウ)、上に오(オ)요(ヨ)下우(ウ)유(ユ)

詩子アナ:これ、四択の問題にするのは難しいですよね。

歌樽先生:ちょっと考えてみましょう。

第13問改: 次の中から陽母音のみのものを選びましょう。

1)이으아어 2)아야어여 3)오요우유 4)아야오요

詩子アナ:4)番です。

歌樽先生:正解! 理由は?

詩子アナ:うる覚えでしたが思い出しました、4番です。

第13問改:答は4)아야오요、ヤッター!

歌樽先生:これも解答術の裏技のようですね。では、「엄마야 누나야 강변 살자」を陽母音のあるものは양(陽)とだけ書いて、他のものはそのままハングルを書きましょう。

詩子アナ

歌樽先生:では、これを三つに区切って読んでみてください。

詩子アナ:「엄양양 / 누양양 / 양변양양」

歌樽先生:なかなかいいリズムですね。これで、なにかこの詩の秘密が分かりましたか。

詩子アナ:この詩のキーポイントは「갈잎의 노래」じゃなかったんですか。

歌樽先生:その通りです。今までのことをヒントに「갈잎의 노래」まで辿り着ければ、何かがわかるということなんですが。

第14問:갈잎の意味は次の内どれでしょうか?

  1. 가랑잎(落ち葉)
  2. 떡갈잎(カシワの葉)
  3. 갈댓잎(葦の葉)
  4. 잎갈나무(落葉松)

オンマヤ・ヌナヤ 05

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第5回

歌樽先生:辞書を引いて、答えがでましたか?

詩子アナ:「ごこう」で引くと、1)の五光は花札の光札5つ集めた役、2)の五更は夜の時間で午前3~5時、3)は5種類のお香ということですが、4)はありませんでした。

歌樽先生:1)は花札ですか、懐かしいですね。昔、よくゴーストップという花札をよくしていましたね。2)は万葉集では「暁」のことで「あかとき」と読んでいますね、3)のお香ですが、正倉院にも有名なものが収められていますね。4)の読みですが、「春の七草」に食用にもなるおなじ音の草がありますね。

詩子アナ:「春の七草」ですか、「せり、なずな、せり、なずな・・」次は何でしたっけ?

歌樽先生:「何でしたっけ」というのは、ちょっとお行儀が悪いですね。

詩子アナ:お行儀が悪くてすみません。「せり、なずな、おぎょうぎ」じゃなくて、思い出しました。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」で、ごぎょう!

歌樽先生:やっとたどりつきましたね。

第9問:答えは5)五行(ごぎょう)。これは陰陽五行ともいいますね。

詩子アナ:五音については音のグループを5つに分けましたが、五行とは何か行いとか行動をグループ分けするのですか。

歌樽先生:行いとか行動とかではなく、何かの要素です。ではこれを第10問としましょう。

第10問:五行とは何かの構成要素を言うのですが、それは何だとされていますか。

1)家屋  2)宇宙  3)人体  4)心情

四択の問題を作るのはなかなか難しいね。

詩子アナ:分かりました。はい、2番です。

歌樽先生:そんなに早く?どうして?

詩子アナ:1)は家、3)は体、4)は心と一字で言えるのに、2)の宇宙は2字必要だから。

歌樽先生:なるほど。

詩子アナ:四択の問題を作るのはなかなか難しいとおっしゃったのがヒ・ン・ト。

歌樽先生:ともかく、正解は正解。

第10問:答は2)宇宙です。

詩子アナ:ヤッター!完璧。2字にするために1)は家屋、3)は人体、4)は心情ですよね。

歌樽先生:いや、そういう答え方があるので、四択というのは嫌なんだよ。つまり、分かっていないのに、答だけ合えば分かった気になる、全くけしからん。邪道じゃよ、邪道。

詩子アナ:まあまあ、先生、そう怒らないで。次に行きましょう。

歌樽先生:五行というのは宇宙の構成要素を曜日順でいえば「火、水、木、金、土」の5つですが、これらを物語を作って並べ替えなさい。

詩子アナ:プロメテウスが天上の火をもって来ました。手が熱くなって、木製の樽の取っ手の金具を持って、池の水を掬って、土手に置いて、手を冷やしました。

歌樽先生:話になっているような、なっていないようなおかしなストーリーですが、プロメテウスが火を持ってくるという話をよく思い出しましたね。

詩子アナ:ヤッター。

歌樽先生:順番は「木・火・土・金・水」と覚えましょう。

詩子アナ:「き・か・ど・きん・すい」ですね。

歌樽先生:音ではふつう「もく・か・ど・ごん・すい」と読んでいますよ。

詩子アナ:「金」が「ごん」ですか。

歌樽先生:はい。ただ、訓読みでは「き・ひ・つち・か・みず」と読んで、「きのえ・きのと」などと使われていますが、こちらの方はいいとして、まずこの五行の順番を覚えましょう。

詩子アナ:はい、覚えました。 恋愛は「もっ・か、ドッ・キン・スイスイスイ」

歌樽先生:覚えるのが早いですね。では、恋愛、頑張ってください。

詩子アナ:私、覚えるのは早いんです。覚えるのに時間を使わないというのが信条ですから。

歌樽先生:でも、恋愛は時間がかかりますよ。五行というのは「木が燃えて火になり、燃えたものが土になり、土から金を生じ、金は冷たいので空気に触れて水を生じ、水は木を育て、木は火になり・・」というふうに万物を作っている5つの元素が循環すると考えが基本になっていますね。では、五音と五行の関係を考えてみましょう。

第11問:五音の「舌音(설음)」に当たる「누나」の「ㄴ」は五行のどれにあたるでしょうか。

1)木  2)火  3)土  4)金

オンマヤ・ヌナヤ 04

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第4回

詩子アナ:祖父母は母方の方も入りますか?

歌樽先生:では、入れることにしましょう。兄弟・姉妹も入れましょう。

詩子アナ:ずいぶんたくさんですね。ちょっとまとめてみましょう。

  • ①할아버지(父方祖父)\ ⑦형 (兄) (妹から見て)
  • ⑤아버지(父) ⑧오빠(兄) (妹から見て)
  • ② 할머니 (父方祖母)/
  • ⑨누나(姉) (弟から見て)
  • ③외할아버지(母方祖父)\ ⑩언니(姉) (弟から見て)
  • ⑥어머니(母) ⑪동생(年下の兄弟・姉妹の総称)
  • ④ 외할머니 (母方祖母)/ ⑫저,나,자기,자신(私)

歌樽先生:自分のことを自分で呼ぶことはありませんし、弟や妹は名前で呼ぶのが普通ですから、

⑪と⑫は実際に呼称として使えませんね。

詩子アナ:ということは、ㅎ→①할아버지,②할머니,⑦형

ㅇ→③외할아버지,④외할머니,⑤아버지,⑥어머니,⑧오빠,⑩언니

他→⑨누나 ということなので、弟から見た姉の「누나」だけですね。

歌樽先生:第6問正解!呼称としては「누나」だけになりますね。

詩子アナ:はあ、不思議ですね。日本語も「あに、あね、おとうと、いもうと」は全て母音で始まっていますね。

歌樽先生:おもしろいところに気がつきましたね。では、そろそろ次の問題に入りましょう。

詩子アナ:先生、問題はできれば四択で出してもらえると、ありがたいのですが、いかがでしょうか。

歌樽先生:四択ね、「鬼の居ぬ間に四択」ですか。

詩子アナ:先生、それは「鬼の居ぬ間に選択」ですよ。鬼ほど怖いとは思えませんし。

歌樽先生:えへん、じゃあ四択にしてみましょう。ハングルの音の分類は、「訓民正音(훈민정음:フンミンジョンウム)」というハングルの説明書に出ています。

第7問:では、「누나」は次の内どんな音のグループに入っているでしょうか。

1)舌音  2)歯音  3)牙音  4)脣音

詩子アナ:「ㄴ,ㅁ,ㅇ」が鼻音だというのは習いましたが、鼻音というのはないのですか?

歌樽先生:「ㄴ,ㅁ,ㅇ」が鼻音だというのは正しいのですが、ここでいう分類とは違うんです。

詩子アナ:あまり聞いたことがないのでよく分かりませんが、、あてずっぽうで1)の舌音。

歌樽先生:あてずっぽうで正解とは「ただなら」ぬ力ですね。

第7問の正解は、1)舌音(설음)です。

「ㄴ,ㄷ,ㄹ,ㅌ,ㄸ」など、日本語のタダナラ行の音に当たります。

詩子アナ:私、分からないときには1番と決めているのです。では次は私から質問です。

第8問:2)の歯音というのはどんな音ですか。

歌樽先生:舌先と歯の間から出る音で、文字に「ㅅ」を含む音です。

詩子アナ:文字に「ㅅ」を含む音ですか。

歌樽先生:サ行の音は舌先と歯の間から出る音でですね。これがヒントです。

詩子アナ:分かりました。文字に「ㅅ」が含まれるということは「ㅈ,ㅊ」でしょ。

歌樽先生:正解です。他に「ㅆ,ㅉ」の音もありますね。という訳で、

第8問の答えは歯音(치음)に属する音は「ㅅ,ㅈ,ㅊ,ㅆ,ㅉ」です。

詩子アナ:牙(きば)からは音がでないんではないかと思うのですが。

歌樽先生:「牙音(아음)」は軟口蓋といって口の奥の部分なんですが、ここから出る音なんです。

代表的なのは「ㄱ」と「ㅋ」ですね。パッチムの「ㅇ」と「ㄲ」がこれに加わります。

詩子アナ:では、残りの音が脣音ですか。

歌樽先生:そうなりますね。「脣音(순음)」の脣は「くちびる」のことですから、「ㅁ,ㅂ,ㅍ,ㅃ」など唇を使った音です。これで五音(오음:ごいん)が揃いました。

詩子アナ:整理すると、喉音(후음)、舌音(설음)、歯音(치음)、牙音(아음)、 脣音(순음)の5つですね。

歌樽先生:はい、この五音が、あるものと深い関係があるんです。

第9問:この五音は次のどれと最も深い関連があるでしょうか?

1)五光  2)五更  3)五香  4)五行

詩子アナ:辞書引かなくちゃ。大変大変。