オンマヤ・ヌナヤ 03

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第3回

歌樽先生:では、早速、子供たちに聞いてみましょう。
「엄마야 누나야」를 「아빠야 형이야」라고 부르면 이상하니?
(「お母さん、お姉さん」を「お父さん、お兄さん」と歌うとおかしいかい?)
子供A:이상해요.
(おかしいですよ。)

歌樽先生:왜 이상하니?
(どうしておかしいの?)
子供B:「아빠야 형이야」라고 부를 수는 없어요. 혼나요.
(「父ちゃん、兄ちゃん」とは歌えません。叱られますよ。)

歌樽先生:누구한테 혼나니?
(誰に叱られるの?)
子供A:아빠한테도 혼나고 형한테도 혼나고 엄마한테도 혼나요.
(父さんからも叱られ、兄さんからも叱られ、母さんからも叱られます。)

歌樽先生:그래. 너 이름이 뭐니?
(そうかい。君、名前は?)
子供A:최민재예요.
(チェミンジェです)

歌樽先生:이름이 참 좋다.
(とてもいい名前だね。)
子供A:감사합니다.
(ありがとうございます。)

歌樽先生:너는?
(君は?)
子供B:저요? 감자 도자 현자요.
(私ですか。キムの字、トの字、ヒョンの字です)

歌樽先生:김도현 군도 이름이 참 좋다.
(キムトヒョン君もとてもいい名前だね)
子供B:감사합니다.
(ありがとうございます。)

詩子アナ:「아빠야 형이야」ではだめなようですね。第4問は分かりました。

歌樽先生:では、第4問は一応答が出たとしましょう。

詩子アナ:一応ということは、まだ他に何か答があるのでしょうか?

歌樽先生:それはおいおい分かってきますので、心配いりません。

詩子アナ:「엄마야 누나야」の歌は本当は男の子が歌わないとおかしいですよね。男性が歌っているのはないのですか。

歌樽先生:さがしてみるとあると思いますよ。ああ、ありますね。

詩子アナ:確かに男性ですが、でも男の子ではないですね。

歌樽先生:何かぴったりなのを探してみてください。では、次の問題です。

第5問:女の子から見た場合、自分の「父、母、兄、姉」の語に共通した特徴は何でしょうか。

詩子アナ:ええと、父が아버지、母が어머니、女性からみるのだから、兄が오빠、姉が언니ですよね。父は아빠,母は엄마でもいいんですか。

歌樽先生:ええ、構いませんよ。

詩子アナ:아빠,엄마,오빠,언니だと2文字ですね。全部母音で始まっていますね。

歌樽先生:大正解、すばらしい大発見です!

詩子アナ:大発見といわれると恥ずかしいですね。今までそんな風に考えてみたことがなかったので。

歌樽先生: 子供は「아이」で、これも母音で始まっていますね。

詩子アナ:なるほど、そうですね。아저씨(おじさん)や아주머니(おばさん)も初めの音は母音ですね。

歌樽先生:「형」の初声「ㅎ」、つまり今のハ行にあたる音ですが、どちらも喉から音がでるので「喉音(후음)」と呼ばれています。ここで問題です。

第6問:祖父母、父母、兄弟に関する言葉の中で「喉音」と呼ばれる音以外で始まっているのは何でしょうか。

オンマヤ・ヌナヤ 02

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第2回

詩子アナ: 歌碑の文字がよく見えませんが、写真の下の説明によると羅州の지석강(チソクカン)のようですが。

歌樽先生:正解!!なかなか素晴らしいですね。ハングルをしっかり読めるようになりましたね。

詩子アナ:「지석강」って漢字ではどのように書くのですか?

歌樽先生:「砥石江」つまり砥石の川ということですね。この歌碑は2009年にできましたから、比較的新しいものですね。

第2問:どうしてここに「엄마야 누나야」の歌碑があるのでしょうか。

詩子アナ:「엄마야 누나야」を作った金素月の故郷、ではないですよね。

歌樽先生:違いますね。金素月の故郷は定州(정주)の郭山(곽산)というところで、「길(道)」という詩に

내 집도           僕ん家(ち)さ

定州郭山           定州郭山

車 가고 배 가는 곳이라오  車も船も通ってるよ

と詠われていますね。ここからだとソウル・釜山間よりも離れていますね。

詩子アナ:ですよね、違いますよね。

歌樽先生:では、大ヒント。次のサイトを見てみましょう。

http://www.namdokorea.com/jp/tourism/01/view02.jsp?type=&kind=21&tour_id=848&page=

詩子アナ:砥石江松林遊園地(安成絃先生歌碑)ですか。遊園地の写真と問1の写真、同じところですね。括弧の中の(安成絃先生歌碑)というのは何ですか。これがヒントですか。

歌樽先生:大ヒントですね、もうこれ以上ないほどの大大ヒントです。

詩子アナ: 安成絃先生歌碑で「엄마야 누나야」ですか? 「엄마야 누나야」は金素月の歌碑じゃないんですか?

歌樽先生:安成絃(안성현)の歌碑でもあり、金素月(김소월)の歌碑でもあると言ったほうが分かりやすいでしょうね。

詩子アナ:ああ、やっと分かりました。安成絃は作曲をなさった方ですね。

歌樽先生:ということは?

詩子アナ: 安成絃(안성현)さんの故郷。

歌樽先生:正解!!作曲家の安成絃(안성현)の出身地ということで、「엄마야 누나야」の作曲もしたということで、ここに3000万ウォンの寄付を集めて歌碑が作られたということのようです。

詩子アナ:では、メインが金素月ではなくて、安成絃ということですか。

歌樽先生:まあ、そうとも言えますが、安成絃はいろんな歌を作曲しているのですが、その中で「엄마야 누나야」を選んだというのは、やはり金素月が有名だということじゃないでしょうか。

詩子アナ:じゃ、先生、今度は私から質問です。

第3問:「엄마야 누나야」はどうして「엄마야 누나야」で始まっているのですか?

歌樽先生:はははは、それは簡単、簡単。

詩子アナ:簡単ですか?

歌樽先生:だから、「はははは」と言ってる訳ですよ。

詩子アナ:「はははは」は「母・母」で「엄마야」ですか。

歌樽先生:「엄마야 누나야」で始まっているのは「엄마야 누나야」で終わっているから。

詩子アナ:えっ?じゃあ、どうして「엄마야 누나야」で終わっているのですか。

歌樽先生:それは、「엄마야 누나야」で始まっているからですよ。

詩子アナ:それでは、「何で毎日運動するの?・・・体にいいから、何で体にいいの?・・・毎日運動するから」と同じ訳ですか。

歌樽先生:うまいこといいますね。この歌はサンドイッチタイプの詩になっているんですよ。

詩子アナ:「엄마야 누나야 江邊(강변) 살자」が中の2行を挟んでいるということですか。

歌樽先生:その通り。まずは、そのように理解することが大切ですね。

詩子アナ:独断と偏見でお馴染みの歌樽先生の本領発揮ということのようです。「엄마야 누나야」が「아빠야 형이야」ではだめですか?

歌樽先生:それはだめですね。ではこれを次の問題にしましょう。

第4問:「엄마야 누나야」が「아빠야 형이야」ではなぜだめなのでしょうか?

詩子アナ:声が大きすぎます。近くの子供たちが集まってきましたよ。

歌樽先生:それは願ったり叶ったりですね。子供たちにいろいろと尋ねられますからね。

オンマヤ・ヌナヤ 01

紙上中継[LIVE] ハングルの詩のある風景「オンマヤ・ヌナヤ」第1回

ナレーター:詩には風景があります。それぞれの詩にどんな風景があるのか想像してみると、その詩の姿がはっきりと浮かび上がってまいります。今回のハングルの詩はどんな風景のどんな詩なのでしょうか。独断と偏見でお馴染みの歌樽先生が詩のある風景の現場にすでに到着なさっているようです。では、現地の詩子アナウンサーを呼んでみましょう。詩子アナ、現地の模様はいかがでしょうか。

詩子アナ:はい、こちら詩子です。現地にきております。家族連れの方が多く、そろそろ昼食の準備に取り掛かっているといったところです。早速、歌樽先生に伺ってみましょう。今回の詩のキーとなるハングルはずばり何でしょうか。

歌樽先生:ずばーり、、、難しいですね。

詩子アナ:その難しいところを何とか「ずばーり」お願いします。

歌樽先生:「갈잎의 노래」でしょうかね。

詩子アナ:ずばーり、「갈잎의 노래」、いただきました!
さて、今回の詩のキーハングル「갈잎의 노래」の入った詩とはどんな詩でしょうか。まず風景を少し見せていただきましょう。カメラさん、宜しくお願いします。

詩子アナ:これは葦のようです。水辺に葦が群生していますね。あっ、歌が聞こえてきました。

歌樽先生:いつ聞いても、いい歌ですね。すばらしいですね。

詩子アナ:牧歌的な童謡に聞こえますが、どこがそんなにいいのかよく分かりませんが。

歌樽先生:「갈잎의 노래」がいいですね。

詩子アナ:でました!ずばーり、「갈잎의 노래」!
ここで、もう一度聞いてみましょう。別の歌手の方も歌っているようですから。

엄마야 누나야 江邊(강변) 살자
뜰에는 반짝이는 金(금)모래빛
뒷문 밖에는 갈잎의 노래
엄마야 누나야 江邊(강변) 살자

歌樽先生:ではここで、クイズをひとつ出しましょう。

詩子アナ:先生がクイズを出されるんですか。私、スタッフさんから質問をするようにといわれているんですが。

歌樽先生:質問についてはゆっくりお答えすることにして。まず写真をみてください。

http://cafe.daum.net/mart1000/jMbM/2490?q=%BE%F6%B8%B6%BE%DF%20%B4%A9%B3%AA%BE%DF%20%BD%C3%BA%F1&re=1

第1問:これは「엄마야 누나야」の歌碑ですが、どこにあるでしょうか。

interview01

ヒント:2009년, 안성현 선생의 고향인 나주 남평읍 지석강 솔밭 백사장에 노래비를 세웠다.

写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。