2014-16 날이 저무네:日が暮れる

第16回  날이 저무네: 日が暮れる、日暮れかな

金素月の『ツツジの花』という詩集収録された詩の24番目の「맘 켕기는 날」という短い詩があります。次のサイトでは23番目にあります。

http://cafe.daum.net/ypchung/2Wyx/3447?q=%B1%E8%BC%D2%BF%F9%20%BF%BE%B3%B8

23.   맘켕기는날
오실날
아니오시는사람!
오시는것같게도
맘켕기는날!
어느덧 해도지고 날이저무네!

この詩をめぐって、いろいろな思いが寄せられました。

①待ちぼうけ いつのまにやら 날이 저무네(NO207)

「待ち人来たらず」という詩の内容を踏まえて、これを軽めに表現した句のようです。この句をハングル訳してみましょう。

바람을 맞아 어느새 해도 지고 날이 저무네!

②会いたいな あなた想って 날이 저무네(NO209)

これも詩の内容を踏まえていますが、待ち人への想いがストレートに語られています。

③날이 저무네 明日になれば 日が昇る(NO201)

これくらいしっかりした目で見られれば、失望することも間違うこともないようですが、それなりの悩みがない訳ではないようです。「日が昇る」と言い切れるような日々を送りたいものです。

④날이 저무네 母と手繋ぎ おうちまで(NO220)

夕日と母と子供という童話の世界の一場面を見ているようです。祖母から母、母から子へという長い世代の繋がりをも感じさせます。

⑤カラス鳴き 夕やけこやけで 날이 저무네(NO255)

午後5時になると町々でチャイムが流れてきます。「夕焼け小焼け」もよく聞きます。日本ではカラスが夕焼けや夕暮れとともに歌われるようになって久しいのですが、韓国ではほとんでカラスを見かけません。この句から童謡が聞こえてくるようです。

【人気の句】

⑥날이 저무네 待つ時間さえ 愛しくて(NO211)

待つと決めてしまえば、全てのものが愛しくなるのでしょうか。ここでは待つ時間さえ愛しくなると詠っています。このような昇華した愛の姿に共感したのでしょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s