2013-14 나뭇잎:木の葉

第14回 ナムンニップ: 나뭇잎(木の葉)

「나뭇잎」は[나문닙:namun-nip]と発音します。「나무(木)+잎(葉)」で二つの言葉を「ㅅ」でつないだ語です。

秋来たと 나뭇잎の色で 感じけり(NO106)

『古今和歌集』にある藤原敏行の「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」を思い出させる句です。「立秋」の日に撮った写真を下のサイトで見つけました。

木の葉のほうがはるかに季節をよく感じ取っているようです。

http://blog.goo.ne.jp/akagera63363556/e/88eb0a1127b157354b9cda088ab82610

http://mahoram.exblog.jp/20164694

나뭇잎散り 人肌恋し 冬来たる(NO116)

木の葉が散り、あっという間に冬になったようです。どことなく古風さを感じさせるのは自然の時の流れと人の心の流れがどこかで共鳴しているからなのでしょう。

『万葉集』には「木の葉」の歌が17首あるとのことです(次のサイト参照)。

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature/konoha.html

나뭇잎舞う 緑を赤黄に 変えて散る(NO102)

木の葉の舞い落ちる様子を詠っていますが、葉の色が一瞬にして変わっていくように読める句です。自然の魔術を見ているような気がします。

「나뭇잎舞う」と「緑を赤黄に変えて」の部分の間(ま)の取り方がいいからでしょう。これは「間(ま)術」の句ともいえるでしょう。

나뭇잎落ち 色づいてゆく 秋の道(NO124)

木の葉で秋の道が次第に色づいていく様を詠んだ句です。次第に落ち葉で埋っていく道はジグゾーパズルのようでもあります。

銀杏の実がなる銀杏は雌の木で、雄の木よりも早く落葉するとのことです。銀杏の実の付いた木と、そうでない木を秋に比べてみてください。

こんな句も

カサカサと 나뭇잎が散って いく季節(NO101)

韓国語をかなり学んだ方への問題です。「가사」を「가다+사」と見て考えてみましょう。また違った句として読めます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s