2013-12 만남:出会い

第12回 マンナム:만남(出会い)

 

春香と 夢龍の만남 素敵です (NO115)

「春香伝」の主人公の成春香と李夢龍の出会いは端午の節句の日です。

春香がブランコ遊びをしているところに夢龍が通りかかります。

この句の作者はこんな出会いを求めているのかも知れません。

ぜひ一度読んでみましょう。

以下のサイトで二人が出会ったとされる南原の「広寒楼」、ブランコなどがみられます。

http://www.seoul-mate.com/xe/kor_posting/19730

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=dakorea0820&logNo=90076443768

出会いの喜びを詠(うた)ったものに以下の句があります。

만남の 数だけかがやく 話あり (NO130)

毎日が 素敵な만남 あふれてる (NO107)

ドラマでは 만남はいつも 運命的 (NO101)

ドラマは出会いがないと作れません。偶然な出会いが、後になって必然であることが分かります。これを運命的というのでしょう。ドラマだけでなく、こうした出会いは身近にもたくさんあります。

韓国ドラマでは、出会い、事故、出生、病気などが偶然以上の頻度で出てくるようです。筋書きが分かっていてもドキドキしながら見ているのは偶然でしょうか、必然でしょうか。

これまでの 만남のお陰で 今がある (NO127)

いろいろな出会いがあります。この句の作者はそれらの全ての出会いによって生かされている今を大切にしています。また、感謝の気持ちもストレートに表しています。人のせいにしたり、言い訳をしたりすることをしない作者の生き方がよく出た句です。

만남を 経て少女はすぐ ゴールイン (NO102)

この少女とは誰なのでしょうか。春香のことなのでしょうか。春香は「二八青春(イパルチョンチュン)」で、16歳ですから、当時は立派な大人といえる年齢です。この「二八(イパル)」は「2×8=16」という掛け算になっています。

こんな句も

どう転ぶ? ケンタッキーとの この만남 (NO103)

「ケンタッキー」との「만남」とはあの髭のおじいさんが立っているお店のことなのでしょうか。毎日行っているのかも知れません。それとも特定の誰かのことを指しているのでしょうか。この先どうなるのか興味津々です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s