2013-03 제사:祭祀

第3回 チェサ:제사(祭祀)

 

準備して 皆が集まる チェサの日は (NO103)

「チェサ」は漢字では「祭祀」と書きます。祖先を敬い、チェサ用の食べ物を準備し、四角いテーブルの決められた位置に配膳します。チェサの日には他の予定は入れず、家族、親戚一同が会します。チェサは長男がすることになっていますから、長男の嫁は準備が大変です。

前日から準備をすることが多く、長男の家族だけでなく、長男の姉妹が手伝いに行くことが多いようです。料理などは女性の仕事で、男性は栗の皮を剥く位です。ともかくチェサには出ないわけにはいかないという重要行事であることを詠った句です。

祭祀には亡くなった日に行う「忌祭祀」と旧正月や秋夕(陰暦8月15日)など年中行事の「茶礼」があります。ただし、キリスト教徒のプロテスタント(新教)は「祭祀」をしません。

チェサして 先祖敬い 子孫繁栄 (NO126)

祭祀をする理由を尋ねると、祖先を敬うことで、子孫が繁栄するからという答が返ってきます。祭祀を代々している家は長男の家ですが、いつ祭祀をするからという連絡を親戚にすることはないようです。

「忌祭祀」も旧暦でするので、新暦では毎年、月も日にちも一定していませんが、どの家にも旧暦が書かれた暦があるので、迷うことはありません。行くほうも連絡をしてから行くことはあまりないようです。行くことになっているので、当然のように長男の家を訪れます。

この時、季節の果物や肉などをお土産に持っていきます。こうして親戚中が集まることが、子孫繁栄を促しているのかもしれません。

金かかり 泣きたくなるよ チェサとやら (NO109)

祭祀をするには、お肉、魚、餅、野菜、果物、菓子類など相当の量を使いますのでこの材料費だけでも大変です。当日、テーブルに配膳した食べ物だけでなく、祭祀に訪れた親戚にも作ったものを持って帰ってもらう習慣がありますので、長男一家の食費の一ヶ月分ほどを使うこともあるようです。

この句はそのあたりの事情を詠んだものです。食料品が上がると主婦は大変ですが、とくに祭祀の準備には響きます。

こんな句もあります。

大集合 明日はチェサだ 嫁急ぐ (NO120)

祭祀の忙しさを詠った句です。いろいろと買い物をしなくてはいけませんが、祭祀には使わない野菜や魚、果物があります。野菜では「ニンニク」「ニラ」「ネギ」「唐辛子」など辛かったり、刺激の強いものは用いません。

魚では「갈치(カルチ:太刀魚)」「삼치(サムチ:さわら)」「꽁치(コンチ:秋刀魚)」「멸치(ミョルチ:いわし)」など「치」の付くものは膳にあげません。

これらは安い魚と考えられていて、もっといいものを膳にあげなければいけないからという理由のようです。果物では「桃」が嫌われます。霊は「桃」に弱いとされているからです。

「제사상」で検索すると配膳の仕方が分かります。一度検索してみてください。配膳の仕方にルールがあることが一目で分かります。

http://jepisode.com/326

http://100farm.tistory.com/139

http://blog.daum.net/milchang/354

例えば、手前の列に果物が並んでいますが、左端は「棗(なつめ」で、その右側には「栗」があります。「棗、栗、梨、柿」という順に並んでいます。地方によっては、「棗、栗、柿、梨」の順にするところがありますが、いずれもこうした決まりがあって、配膳をしているのです。

 

初めての場合は準備も大変、配膳するのも大変です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s